はずむのトラベルランド
◇◇◇ゲイに関する記述がありますので、不快に思われる方の閲覧はご遠慮ください◇◇『旅』、特に東南アジアをこよなく愛す、なのに、なぜかまったくアジアとは関係のないある国のある町で、ただいま海外生活1年目・・・の「はずむ」のブログです。


「トラベルランド」総入国者数



現在の入国者数

現在の閲覧者数:



プロフィール

Author:はずむ
旅行大好きなはずむのブログです。ずっと東南アジア、特にタイ・ラオス・カンボジアを好んで旅して来ましたが、なぜか今は、まったく違う、日本から遠く離れたある国のある町で生活中。日常の生活で見たもの、感じたことを、みなさんにお伝えしようと思います。よろしくね。



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


残酷です・・・時の流れ
思えば、アジアの旅に惹かれ、毎年のようにでかけるようになってから、およそ12年。
2003年の年末、はずむは衝撃的な出会いをしました。
場所はカンボジア、シェムリアップ。
過去の旅行記を読んでくださっている方は、もしかしたら覚えていてくださるでしょうか。
ホテルのレストランのウエイターで、ある朝ベランダから外を眺めていたはずむの目に
ふと飛び込んだ美少年。
名前はMくん。当時・・・確か、23、4?
最初に会った時から、その後も何度か再会して、一緒に時間を過ごしたりしている、
はずむの旅の中で出会った男の子の中でも、5つの指に入るほどの、思い出の子。
そんなMくんとは、今でもメールでやりとりとかしちゃってるんだけど、
「はずむ、次はいつ来るの?」「長い期間、会えないね・・・」なんて書いてきてくれる、
はずむにとって、ちょぉぉぉかわいい、シェムリアップの大切なお友達だったりするのね。
こちらに来るときにも、彼の写真の入ったアルバムはしっかり持ってきて、時々眺めて
は、一人うっとり・・・みたいな。
けど。。。タイトルどおり、時の流れは残酷です。
あれから・・・5年とちょっと。
・・・Mくん、あんなに美少年で、すてきな子だったのに、
すっかりおじさんになっちゃった・・・。
お腹なんかも出ちゃって、はずむのアルバムに出てくる彼は、ほんとうに触れたら壊れ
てしまいそうなほど、はかなさを持った、けれど、年相応にやんちゃ坊主な美少年なのに、
先日彼から送られてきた写真は・・・
あんた誰?って姿に。
いや、それでもいいの。彼がそれだけ年をとったってことは、あたしも同じように年をとって
いるってことだし、年を重ねたらその分、違う魅力が生まれてくるものだとも思うし。
けれど、声のない、表情の変化のない、写真だけを見てしまうと・・・
時の流れって残酷だわ。マジで。
それでも大好きな彼。Mくん。
またいつか再会できる日を楽しみに、今日も彼から送られてきた写真を眺めている
はずむです。

それにしても・・・同じ場所を何度も旅して、同じ子に何度も会っていなければ、
思い出の中に、あの頃の美少年のまま残っていたはずのMくん。
何度も会ったり、連絡を取り合ったりしている中で気づいてしまった、彼の変化。
幸せなのかしら・・・。それとも、知らないほうが幸せなのかしら・・・。
ちょっと微妙な気分です。


はずむの現地男の子考察
はずむが日本を離れてこちらにやってきて、まもなく1年が経ちます。
その間に、非常に興味深い、日本の男のとは違う、こちらの男の子の・・・なんて言うの?
習慣っていうか、習性っていうか、とにかく特徴をいくつか感じるのね。
今日はそのうち3つについて書いてみようと思います。
1つはすでに以前書いてるんだけど、それをさらに深く考察したものを。
・・・んな大げさなモノじゃないんだけど。

まず1つめ。
「こちらの男の子は、人前でも町中でも平然と股間をいじる」
これは、以前にもここで書いたことがあるの。こっちに来て、むちゃくちゃびっくりしたことの1つ。
とにかく、男の子達、よくさわる。
誰かと話をしていても、普通にもむ?っていうか、つまむ?し、
歩きながら、平気で「よいっしょ」って感じで持ち上げたりするの。
これが、慣れないはずむから見ると、むちゃくちゃ「男」を感じさせて、セクシーなんだけど、
どうやら、これ、こちらの人が見ても、まったく普通のことらしい。セックスアピールは
かけらもない模様。
でもね、本当に頻繁なのよ。町歩いてて、見ない日がないくらい。
「あ・・・あんた、そろそろもむわね?」って思ってると、やっぱりもむ。
前回は、「どうしてなのかしら」「セックスアピール?」「いずれにしてもセクシーね」
ってとこで、はずむの記事は終わってたはずなんだけど、
それから以降も、ずっと観察し、検証した結果・・・もしかしたらって仮説が立ったわ。
はずむの中で。
一つはね、「モノの大きさと衣類の間にある相関関係によるもの」
こっちの子、はずむの知る限りでは、非常に大きなお宝をお持ちの子が多い。
日本人なら「普通の大きさね」って言っちゃうくらいのモノが、こちらでは超祖●ンの
部類に入るくらいに、「デカイ」ものをお持ちなのね。
あんた、水泳の時以外にも、サポーターつけてなきゃだめなんじゃない?ってほど。
けれど、彼らがつけているズボンっていうのが、ほとんど7分丈の薄い生地のもの。
そして、その中には、ゴムが緩くなっちゃってるような、あまり縫製のよくないブリーフ
ってのが典型。
つまり、大きなモノが、始終ポジション悪くなっちゃうんだと思うのよね。
みんながみんな、でかくてポジション悪くなるようなズボンやパンツを着けてるんで、
もう、人前だろうがなんだろうが、お構いなしになっちゃうだと思うの。
性に関しておおらかなお国柄。だから、自分のチ●ポつかんでるくらい、全然興奮に
値しないことらしい。
大興奮してるのはあたしだけだった模様・・・。
ってか、ほんとにデカイのよ。マニアにはたまらないと思われ・・・。

次に2つめ
「ほとんど包茎」
こっちの男の子たちは、「包茎」が主流。会う子、会う子、軒並み「仮性包茎」。
平常時はしっかり被ってる子がほとんどなのね。
日本では、なんか、おちんちんの皮が剥けてないと、「一人前」ってみなされないで、
だから、極端に「包茎」を気にしたり、隠すじゃない?
病気になりやすいとかいうのも、原因なのかもしれないけど。
けど、こっちで男の子の裸に出会う回数が増えるにつけ、
「えっと・・・なんで、おちんちんに皮被ってちゃいけないんだっけ?」って思っちゃうのよ。
でも、皮被ってても、あれだけ大きく成長するのは、どうしてなのかしら?
その辺が今後の研究課題です。はずむの。

最後に3つめ
「ノンケはすぐにわかる」
さっき、性に関しておおらかなお国柄って書いたんだけど、性に関しておおらかっていうより、
男も女も、「性欲」から起こる行動を、自然なものとして受け入れてるっていうのかしら・・・。
照れがないのね。
日本だと、「こういうことしたいけど、みんなの手前、恥ずかしいし、まずいだろ・・・」って
普通なら抑えている行動が、ここでは「みんなしたいのはあたりまえ」って感じでしちゃうって
言うか・・・。
何のことかって言えば、視線なのよ。視線。
日本でね、例えばとってもセクシーなお姉さんが通ったとするでしょ。ついつい視線で追っちゃ
ったりするのは、本能として仕方ないことだとしても、あんまりじぃ~っと目で追ったりはしな
いでしょ?さりげなく見ちゃったりとか、何度も見ちゃったりとかってのはあっても。
こっちの男達、「ガン見」なの。
こちらでは、男性が一番セックスアピールを感じる女性の部分は、日本みたいに
「うなじ」とか「足首」とか「胸」じゃなくて、「ケツ」なのよ。「ケツ」。
だから、向こうからよさげな女の子が近づいてきてすれ違うと、ほとんど男は全員、しっかり
振り返って彼女の「ケツ」を見ます。
本当に、おもしろいくらい、必ず、お約束のように振り返る。
で、見られてる女性も、「いやぁ~ねぇ。いやらしい・・・」なんて態度は絶対にしない。
「ありがとう」なんて言いそうな勢いで、ほほえみかえしちゃったりしてるのよ。
この国には「セクハラ」なんて言葉はないか、あっても相当のレベルのものでなければ、
「セクハラ」とはされないんでしょうね。
もう、猫も杓子も振り返るので、タクシーなんか乗ってると大変よ。運ちゃん、口笛でも
吹かんばかりの勢いで振り返るから、
「あんた!!前みて運転しなさいな。このスケベ親父!!」って、怒鳴りたくなることたびたび。
でも・・・考えてみたら、じゃ、「振り返らない」男を見たことあるかって聞かれると、
・・・ないかも。
きっと、ゲイの男の子達、ばれないように一緒に調子を合わせて振り返っちゃうことが多い
のかもしれないわ。
ってことは、「ノンケはすぐに」・・・わからないじゃないの!!
自分の検証に、自分で突っ込み。
もう一度研究しなおさなきゃだわ。

・・・どうでもいいことを書いてしまいました。失礼、失礼。

KちゃんとTくん
はずむの親友、Kちゃんが、今月5度目のタイ旅行にでかけてきました。
はずむと出かけた2回のタイがきっかけで、たいそうお気に召したらしく、それから
すでに3度目の一人タイ。いろいろな報告も聞けて、タイに行けないあたし的には、
とっても近くにタイを感じられた気分で、すごくうれしかったのね。
けれど・・・何より嬉しかったことが1つある。それは、はずむがちょうど1年前、長年
あこがれ続けて、とってもすてきな奇跡的チャンスを得て、3日間を一緒に過ごすことの
できたTくんに、Kちゃん、会ってきてくれたのです。
「会えたら会ってきて。どうしてるか、すっごく知りたい」
そう、出発前のKちゃんには言ったんだけど、あたし、正直、「会えない可能性」の方が
大きいと思ってたの。だって、Kちゃんに伝えたのは、彼の名前と電話番号だけ。
Kちゃん、確かにTくんとは面識があるんだけど(詳しくは以前の春の旅行記を
ご参照ください)、一度写真をとった程度。
言葉だって、今夢中で覚えているけど、まだまだ会話は不自由だと思うし・・・。
だから、「もし会ってもらえたらすてきだな。。。」程度の淡い期待だったのね。
ところが・・・もう、言葉で言い表せない感動よ。
彼、本当に会ってきてくれたの。Tくんに。
とっても元気だったって。「はずむが次来るときまで待っていてあげてね」って言う
Kちゃんに、「待ってるよ」って返事してくれたっていうTくん。
正味1時間ほど、カフェでお話したんだそうで、写真も撮ってきてくれた。
・・・あの日より、ちょっと大人びたかもしれないけど、でもでもはずむが大好きな彼の
まんまのTくん。
まるっきしのノンケだし、多くのことは期待しないけど、どうにかこれからもはずむと
つながっていて欲しい・・・。そう願っているはずむにとっては、もう、これだけで十分の
風の頼り。
本当に、泣いちゃうくらい嬉しかった。
早くまた会いたいな・・・。Tくん。それから、本当にありがとう。Kちゃん。

あまりに「会いたいモード」が高まっちゃって、昨日、電話したのね。Tくんに。
すでにお仕事中だったらしく(タイ時間朝7時頃)、雑音だらけの電話で、あまりじっくり
とはお話できなかったんだけれど、彼、電話をとったと同時に、
「サワディー クラァッp」って、ちょぉぉぉハイテンションなご挨拶。
はずむの電話だって、出る前にわかったみたい。
「あなた、元気なの?」
「元気だよぉぉぉ」
「お友達に会ったでしょ。あたしの」
「クラッp クラッp クラッp 会ったよ、会った!!」
「楽しかった?」
「うん」
「ねぇ、ねぇ、あんた。たまには手紙でもちょうだいな、待ってるんだから」
「・・・(通じない)」
「手紙よ、手紙。わかる?」
「あぁ~ クラッp、クラッp はずむ、今どこ?」
「あたしは○○にいるわよ。今も。」
「おぉ~。そっかぁ~。そこから電話してきてるんだねぇ」
「そうよ」
もっともっとお話していたかったんだけど、気になる電話代。それに、とっても聞きづらい
電波状況。
「また電話するからね」
「わかったよぉ。元気でね」
「はいはい」
電話を切ったあたし。
・・・泣いちゃった。

思うんだけど・・・
人には生きている間に、たくさんの出会いがある。
そのどれもが大切であるに違いないんだけれど、その中でも特に、自分の「命」にとって
大切な出会いっていうのが、きっと一生のうちに何度か訪れるんだと思うのね。
はずむにとって、
Kちゃんは、お互いゲイであることを知りながら、まるでノンケの「親友」のように
心を通わせつきあえる大切な存在。
Tくんは、はずむが初めて純粋にノンケを好きになって、何年も思い続けた存在。
もちろん、GOGOでノンケに出会ったり、Aくんみたいに、割と長い期間おつきあいの続いた
男の子も、これまでにいたにはいたんだけど、
まるっきり一般人?のノンケに気持ちが入っちゃったのは初めてで、
とっても長い期間、タイを訪れ、彼の姿を見るだけで幸せだったはずむ。
彼は、そんなはずむを、彼なりに理解した上で受け入れてくれた、数少ない存在の一人。
考えてみれば、ゲイがノンケを好きになった時に、それに気づいたノンケが、丸ごとそのまま
受け入れて、普通に接してくれる機会なんて、本当に少ない。
普通、ヒくでしょ。
Tくんは・・・もちろん、そこにはいろいろなしがらみがあったりもするんだけれど、
はずむが彼を好きだってことを知っていてくれて、その気持ちを受け入れてくれて、会って
くれて、そして、(今のところは)再会を待っていてくれる存在。
そんなこと、はずむがこれまで生きてきた中で一度もなかった最高の幸せ。
大切にしたい人なの。
だから、電話で話せたことはすごく嬉しいんだけど、切ったと同時に、我慢できない胸の痛み。
今すぐ飛んでいきたい・・・。
それができない自分。
涙が止まらなくなっちゃったのね。
でも・・・不思議なのは、どんなに会いたさに押しつぶされそうに苦しくなっても、
声を聞きたい、触れたい、笑顔をみたいと、夢に見るくらい苦しくなっても、
同時に、
彼がいてくれるから、今をがんばれるって思える自分。
そう。本当に、はずむの「命」にとって大切な存在なのね。
だから、次に会える時まで、今をしっかり生きなきゃって思っているあたし。
わかってもらえますか?

なんだか、ちょっと重くなったわ。今日の内容。
でも、久々タイネタで書けて、ちょっと嬉しいはずむです。


フェチ
身体の一部や衣服・その他記号化された様々な物品・現象に「個性的」な執着を
見せたり、性的興奮を示す傾向を「フェチ」と呼ぶのだそうです。
みなさんは、なにか「フェチ」がありますか?
いきなりこんな話題でごめんなさい。でも、最近「はずむのトラベルランド」に、何か
書きたくて、でも特にタイネタがあるわけでもなく・・・。こんなどうでもいい話題につい
て書きはじめてるあたし。お暇ならおつきあいくださいね(^^;)
はずむは・・・おそらく、これまでたくさんのことを書いてきて、みなさんに読んでいただ
いたけれど、この「フェチ」については、本邦初公開じゃないかしら?
はずむは、何を隠そう、「腋フェチ」です。
いやぁ~ん、なんか、自分の「変態的」な面をさらけ出したみたいで、無茶苦茶恥ずか
しいわ。でも、書いちゃうんだもん。
はずむが「この子、いいなぁ・・・」「すてき」「抱かれたいわぁ~」って思うのに、
まず第一に必要なのは、やっぱり「タイプなお顔」なのね。まぁ、人のお顔のこと、とやかく
言える立場にもないし、贅沢はいわないんだけど、けど、あるじゃない?「タイプ」な顔って。
でね、そんな「バリタイプ」のお顔の子に出会ったとして、次に気になるのは
・・・なぜか、「腋」なのよ。
人によっては顔の次は「髪型」だったり、「腹筋」だったり、「おしり」だったり、はたまた
いきなり「モノの大きさ」だったりするんでしょうけど、はずむはあんまりその辺は気になら
ない。やっぱり・・・腋なの。
「濃い」とか、「薄い」とかはあんまり関係ないんだけどね、「いいなぁ・・・」って思った子が
Tシャツとかタンクトップとか着た状態で、無防備に髪なんかかき上げちゃってる姿とか見
ちゃうと・・・、もう、鼻血出ちゃう。
んでもって、ちょぉぉぉタイプの子だったら、そこから汗のにおいなんかしちゃった日
には、失神ものです。(あくまでもほのかなニオイね。ワッキーじゃなくて)
だから、タイのGOGOとかに行くときも、けっこうあの格好で両腕なんか上げられちゃうと
それだけでやられてしまうこともあったり・・・。
それに、まったく一般の公共の場所・・・たとえば電車の中とかで、目の前の子がつり革とか
につかまったときに、シャツの裾から見えちゃったりすると・・・、マジマジ見てはいけないわ。
こんな公共の場所ではしたない・・・と思いつつも、ついついしげしげ観察しちゃったり。
けれど、そんな「フェチ」を抱えたはずむだけど、「腋」ってさ、微妙なのよね。
たとえばね。そんなタイプの子とHするような状況になったとするでしょ?
たとえば、「髪型フェチ」なら、その髪でもなでながら、「似合ってるよ、その髪」とか言っても
不自然じゃない。「腹筋フェチ」なら、「いいね。その腹筋。かっこいいよ」とでも言いながら
なでたとしてもおかしくない。「おしり」や「モノの大きさ」だって、いざHをはじめちゃえば、
なでようと、眺めようと、さわろうと、舐めようと・・・好き放題でしょ。
けどさ、いきなり相手に「腋毛見せて」とか、「ニオイかがせて」って・・・ヒくでしょ。普通。
だから、今まで数多くの男とベッドをともにしてきたのに、ほとんどその「フェチ面」では
満たされたことがないあたし。
けどね、そんなはずむなんだけど、前回の日記に書いた、「恐怖サウナ」の長身
マッサージくんは、そんなはずむの「フェチ」を知っている、数少ない男の子。
最初に彼に会ったときに、あたし、はしたなくも「ニオイかがせなさい」って言っちゃったの
よね。そしたら、それから以降、マッサージの最後はかならずはずむの鼻先に自分の腋
を持ってきて、嗅がせるのよ。「ほら、いいよ」みたいな。
これまで表に出さなかった自分のフェチを開放しちゃった数少ない相手だから、
それはそれは、すてきな時間・・・のはずなんだけど・・・。
そこで大問題。
彼、確かに最初に会った時には、かなりはずむ好みの「汗のにおい」がしたのね。
ほのかに・・・。マッサージの後だったから、ちょっと汗ばんだのもあるようで。
すごくすてきなニオイだったの。
けど、2回目以降、彼、しっかり「デオドラント」しちゃってて・・・。甘い香りしかしないのよ。
ショックだわ・・・。この間、勢いで舐めちゃったら、無茶苦茶苦くてびっくりしたの。
要らないわよ・・・制汗剤・・・。
だから、最近は「もういいわ」って、こちらから拒絶するように。
・・・はぁ。誰か、ちょぉぉぉぉイケメンで、はずむにワキをさらしてくれるセクシーな子、
いないかしらね・・・。

ってはずむなんだけど、実はこちらに来て、「手は届かない」けど、最高なことが。
こちらの男の子たち、暑い場所だってのあるんだけど、基本ノースリーブが当たり前。
しかも、暑い日なんかは、そのノースリーブさえも脱いじゃって、上半身裸になって歩いて
るから、はずむのフェチを満足させる光景が、街中てんこもり。
何度運転中に夢中になっちゃって、事故りそうになったかしれないわ。
タイに行けなくて寂しいはずむの毎日なんだけど、それだけは本当に、「ここで暮らす
ようになって良かった・・・」って思えること。
マジで、かっこいい腋毛はやしてる子いたら、ナンパしちゃおうかしら・・・。
絶対無理だわ。

あたしったら、今日は何、長々と、自分の変態話しちゃってるのかしら。
溜まってるのね。きっと。

みなさんはどんなフェチですか?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。