はずむのトラベルランド
◇◇◇ゲイに関する記述がありますので、不快に思われる方の閲覧はご遠慮ください◇◇『旅』、特に東南アジアをこよなく愛す、なのに、なぜかまったくアジアとは関係のないある国のある町で、ただいま海外生活1年目・・・の「はずむ」のブログです。


「トラベルランド」総入国者数



現在の入国者数

現在の閲覧者数:



プロフィール

はずむ

Author:はずむ
旅行大好きなはずむのブログです。ずっと東南アジア、特にタイ・ラオス・カンボジアを好んで旅して来ましたが、なぜか今は、まったく違う、日本から遠く離れたある国のある町で生活中。日常の生活で見たもの、感じたことを、みなさんにお伝えしようと思います。よろしくね。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今月後半から
放ったらかしでごめんなさいm(_ _)mその間に、いろいろ変なコメントとかもついちゃって、
ショックだわ・・・。
さて、はずむ、今月の後半から一度、日本に帰ることになりました。約1ヶ月の日本滞在です。
・・・いつもの旅だったら、「いやぁ~ん、もっといたい!!日本に帰りたくない!!」って、
ちょぉぉぉぉ駄々こねちゃいたい気分のところだけど、さすがに、このたびは、無茶苦茶嬉しく
て、仕方ありません。帰国。
会いたい人も、食べたい物も、行きたい場所もたくさん。
普段はこっちの生活にも随分慣れて、それほど不自由なく生活しているつもりになってるけど、
やっぱりこうして、帰国できるって決まって感じることは、
やっぱり日本がいいなぁ・・・ってこと。
これで、ついでにタイなんか行けたら、本当に言うことないんだけど、それは無理そう・・・。
仕方ないです。ショックだけど。
ってことで、放ったらかしのブログオーナーはずむですが、ぜひぜひお時間あれば、みなさん
にお会いしたいです。おそらく、お休みがあればタイに行ってしまうみなさまだと思うので、
そんなにたくさんの方とお会いできないのは覚悟してるんだけど・・・。
よろしかったら、連絡くださいね。お待ちしています。

うれしかったこと
今日、かなり久しぶりにサウナに遊びに行ってきたのね。ここ最近、前回の日記にも
書いたように、ボーイがガラッと変わっちゃって、雰囲気もよくなくなっちゃったし、
お気に入りのCくんにもあえなくなっちゃって、唯一の遊び場だとは言え、魅力がなく
なっちゃって・・・。
けど、なにせ一軒しかない遊び場。ひょっとして、しばらく行かないうちに雰囲気も変
わってたり・・・なんて、淡い期待を胸に、向かったの。
開店と同時くらいに入店したんだけど、やっぱり変わらず。
・・・だめね。もう、今日はだめだったら早い時間に切り上げて帰りましょ・・・って思った
んだけど、そんなとき、タバコをとりにロッカーに戻ると、すれ違った人影。
ん!?
まさしく、しばらく会えなかったCくんだったの。思わず大声上げてびっくりしちゃったわ。
だって、お店の人、「彼はやめたよ」って言ってたのに・・・。
当然のごとく、そっこーでマッサージをお願いしたの。
彼、言葉ができないはずむの言いたいことを、数ヶ月のつきあいの中で、だいたい理解
してくれるようになってるし、何より、マッサージもその後も、はずむ好みど真ん中。
いやぁ~、久々に、ちょぉぉぉぉ幸せな時間を過ごさせていただきました。
どういうシステムになってるのかわからないんだけど、今日はCくん以外にも、なつかしの
顔にいくつも出会え・・・。幸せ。
またサウナに行く楽しみが復活して、ちょぉぉおご機嫌のはずむです。

おぉ~ひぃ~さっっっっ
ってか、半月以上も間あけておいて、「おぉ~ひぃ~さっっっっ」とか、
ふざけたタイトル。ぶっとばされそうね・・・。
ごめんなさいm(_ _)m
ってか、あけた間に、訳わかんない広告コメントも入っちゃって、腹立つわ。
思いっきり消しておきました。
やっぱりこまめに更新しないとだめなのね・・・。きっと。
いや・・・本当に書けないのよ。いざコンピュータの前に座ると。
書きたいことは山々なのに、制約が多すぎです。
だから、時々みなさんのブログやHPを拝見しつつ、
「いいなぁ・・・。またタイなのね。」
「そっか・・・。今日本はゴールデンウイーク真っ最中なのね・・・。」
なんてぶつぶつ言いながら過ごしてます。
はずむも行きたいわ。タイ。んでもって、いろいろ旅行記書きたい・・・。
あの頃が懐かしい、あれから1年と少し経ったはずむです。

さ、愚痴ってても仕方ないし、毎度おきまりの「サウナネタ」しか書けませんが、
久々に書いてみようと思うわ。
はずむの、ちょぉぉぉぉ怖い思いをしつつ、けれど、忘れることができずに未だ
通い続けているサウナですが、
このところ、大きな変化が。
いや、危険回避のために、日曜日に(日曜だけってとこに、まだまだ問題を
感じるのだけれど)ドアにはガードマンが立つようになったし、普通の曜日にも、
鉄柵のドアが、しっかり鍵付きで閉じているので、安心になったって所も大きな
変化なんだけど、今日書こうと思うのはそのことではなく・・・。
マッサージボーイが大いにリニューアルしました。
ってか、総とっかえって状態?
どういうシステムになってるのかわからないんだけれど、はずむがこっちに来てから
サウナに通っている間、必ず顔をあわせていたボーイ達が、ほんの数人を除いて、
まったくいなくなっちゃった。
で、ボーイは新しくなり・・・。けれど、なんか、かなりランクダウン。
なんで?なんで?ねぇ、なんで?
はずむなりにお気に入りの子がけっこういたのに。みんな、どこに行っちゃったの???
実は、あれ?書いたっけ?書いてないよね。
実はね、数いるボーイの中で、はずむ、Cくんって子がちょっとお気に入りだったのね。
(1月24日の日記参照ね)
この子、お金のことばかりを口にするボーイが多い中で、唯一って言ってもいいくらい、
あまりお金のことは口にしない子だったの。
んでもって、マッサージも、+αも、もちろんお顔も性格もはずむ好み。
だから、結構頻繁に指名してたんだけど、
ボーイが総とっかえ状態になっちゃう前の・・・確か3月上旬?
詳しいシステムはこれまたわからないんだけど、このサウナ、マッサージボーイは
何ヶ月か続けて出勤したら、間に1週間くらい休まなきゃいけないらしいのね。
(言葉が不自由な中、お店の人に聞いた話なんで、よくわからないんだけど)
他のボーイにも指名のチャンスを与えるためなのかしら・・・。
で、この時はちょうど彼、その「お休みしなきゃいけない期間」だったらしくて、
サウナには出勤していなかったの。
けど、何かの用事でサウナにやってきたところで、ばったり出会ったあたし。
そんなあたしに、彼、
「はずむぅ。今仕事できないから、お金ないんだ。次のマッサージの時、その分
差し引くから、今日少し前借りさせて。今日ごはんを食べるお金もない」って、
はずむにお金の無心をしたのよ。
初めてだったんだけど、かなりショックだったはずむ。だって、彼はお金の話をしない
ってのが、かなり大きな魅力だったんだもの。
とりあえず貸してあげたんだけど、
しばらくして、彼が出勤できるようになってからお店で会ったときに、はずむ、つめた
くしちゃったの。彼に。
「マッサージ?」って尋ねる彼を「いらないわ」って軽くあしらい、それ以降はお話も
ろくにせず。
いつもだったら、マッサージしようと、するまいと、イスに一緒に座って、数十分
お話するのね。だから彼もおかしいって気づいた様子。
彼、「マッサージがいらないだけなの?それとも、もう僕と話したくないの?」
なんて聞いてきたりしたんだけど、まともにとりあわなかったあたし。
だって、気づいて欲しかったのよ。あなたにだけはお金お金って言って欲しくないって
思ってること。
だから、その日は彼を指名しないでおいて、次に来た時に、指名しつつ、
「あなたはお金の話をしないから好きなのよ。もう二度とあんなこと言わないでね」
っていうつもりだったの。
けど・・・
その日を最後に、彼に会えなくなっちゃった。例の総とっかえのせいで・・・。
もう二度と会えないのかしら?それとも、しばらくしたら、また戻ってくるのかしら?
変な最後になっちゃったから、むちゃくちゃCくんのことが気になってるし、
もう、会いたくて仕方ない。会ったら泣いちゃいそうな勢いの、Cくんに会いたい
はずむ。
まさか会えなくなるなんて、夢にも思ってなかったし。
せめて、あと1回だけでも、Cくんに会いたい。会ってお話したい。そう思ってる
はずむです。

さて・・・久々の記事のくせに、長文になっていますが、実は今日書きたかったのは
このことじゃないのね。
さらに長くなるけれど、お暇だったらおつきあいください。

今日も久々に・・・って言っても、1週間あいただけだけど、サウナにでかけたあたし。
けれど、前述のとおり、マッサージボーイは入れ替わっちゃったし、
そもそも、今日は土曜日なのに、お客もボーイも少ない。
こりゃだめかしら・・・って、8時まで待って、ピンと来る相手が来なければ、今日は
帰りましょ・・・なんて思っていたの。
そこに、前から気になっている男の子、登場。
日記で書くのは初めてね。
その子、年の頃・・・う~ん、20代前半かしら?
坊主頭でね、顔は、なんとなくイチローを思い出させるような、若干ベビーフェイス
入った子なのね。(子って年ではないけれど)
この子、今まであんまり、エッチ相手を探している姿とかを見たことがなかったの。
サウナが好きみたいでね、
サウナにしばらく入っては、水シャワーを浴びに出てきて、またサウナに戻る・・・
みたいなパターンを繰り返してて、
一度ボーイかと思って勘違いして声かけたんだけど、お客だったの。
彼は大柄のマッスルお兄さんがタイプの模様。
はずむは彼のタイプからは大きく離れるし、だから、「いいわ」って思いはしても、
手を出すことも、再び声をかけることもしなかったのよ。
そもそも、サウナに入り浸ってる彼と、会う機会も少なかったしね。
ところが、今日も相変わらず最初はサウナを堪能していた様子の彼なんだけど、
しばらく経つと、ビデオルームに現れたのね。
「あら。。。この子もビデオなんか見に来るんだ・・・」って、軽くびっくりしてた
はずむなだけど、さらにはずむの度肝を抜いた彼。
・・・いきなりビデオルームの中で、水着(彼はバスタオルを巻いているスタイル
じゃなく、水着を着て店内を歩いていたの)の裾から、お○ん○んを出して、
ビデオ見ながらシゴキ出しちゃった。
・・・唖然。
いくら客が少ないとはいえ、数人がいるビデオルームでよ。しかも、あんまりエロエロ
モード全開で歩いているところを見たことのない彼が、いきなりの公開オナニー。
はずむは、びっくりしながらも、
「あら、この子案外、かわいいものお持ちなのね。ギャップがいいわ・・・」
なんて、ちゃっかり念願の彼のエッチ姿を、ちょっと離れた場所から、しっかり
観察させていただいてたんだけど、
そのうち、はずむが顔だけはしってる(お相手は願ったことがない・・・つまりタイプでは
ない)大柄筋肉質のボーイと、いちゃいちゃしはじめた。
いや・・・いちゃいちゃというよりは、彼がボーイの「お○ん○ん」をさわらせてもらい
ながら、自分でやってるっていう図。
イチロー似の、はずむ的に結構タイプの子なのに、
「さわりてーのか?ほら、さわらせてやるよ」って態度の、大柄筋肉質ボーイの
逸物にさわっている彼の姿は、思いっきりM。
あら・・・。人は見かけによらないのね。
はずむは、タイプのこのイチロー君のエロエロ姿に、夢中で見入ってたのね。
そしたら、そんなはずむに気がついた、顔見知りのこの大柄筋肉質ボーイ。
めざといわ・・・。はずむの視線にしっかり気づいて、営業開始。
「3人でする?○●円でいいよ。」って言う。
1対1ならあんたとなんか、ぜったいにお願いしないけど、イチロー君の痴態をさらに
見続けられるのなら・・・ってことで、OK。
営業上手なボーイと、お金払わずに彼とできることになって着いてきたイチロー君と、
はずむと、3人で個室に入ったの。
・・・いやぁ、今日もすごかった。
ってか、結局部屋の中では、大柄筋肉質のボーイのお○ん○んに、夢中でしゃぶり
つくイチロー君を観察するのが中心になっちゃって、あたし、この大柄筋肉質にチップ
はらってまで、なにを好んで人様のエッチを見てるのかしら・・・?って思わなくも
なかったんだけど、
でも、これまではてっきり、あまりHには興味なくて、サウナ三昧なんだと思ってた
さわやかすっきり顔のイチロー君が、こんなにエロエロなことして・・・って
観察できただけでも、けっこうな興奮だったのよ。
と同時に、ちょっと興ざめ。
あたしの中での彼のイメージは、クールで、スマートなHをする子だったので、
「あぁ。この子もやっぱり、普通の『男』だったのね」って思った瞬間に、彼への興味は
なくなったわ。
二度目はいらないかも。
けれど、それはそれですてきな時間が過ごせたはずむです。
ボーイ総入れ替えで、最近あんまりたのしくないサウナなんだけど、今日は十分満喫
できましたぁ。

・・・久々なのに、長々とごめんなさいね。


やられたわ・・・
この間の休日、あまりに暇だったので、観光地に散歩に出かけたはずむ。
って言っても、ガイドブックに載るような、有名な観光地じゃなくて、
地元民が週末に集まってくるような、ごくごく日常の中にある観光地なのね。
たまにはずむ、車ででかけるんだけど、この日も久々に行ってみたくなったの。
さて、車で到着。
観光地とは言っても、せいぜいすることといえば、路上に出ている屋台?を冷やかし
たり、オープンカフェでお茶したり・・・くらいのものなので、
「さて、どうしようかしら・・・」って、道ばたの手すりに腰掛けて、思案してたのね。
そしたら・・・そこに近づいてきた、ちょっとイケてる男の子。
あら・・・かわいい。
はずむが思わず見とれてると、気づいた彼が、はずむに「ニコッ」
なに?なに?こんな天下の往来??でナンパ?恋の始まり?
ってか、なぜにあたしがゲイだってわかったのかしら???なんて思っていると、
その彼、そのまま満面の笑みをたたえながら、はずむに近づいてきて、
握手を求めると、となりに座ったの。
・・・なにかしら?このシチュエーション。
言葉が堪能なら、ここでおしゃべりに花咲かせるところなんだと思うんだけど、
あたしったら、さっぱり彼の話がわからない。
けど・・・察するところ、「一緒に歩きませんか?」って誘われてるらしい。
・・・ここまで来れば、急な出来事にびっくり半分、ときめき半分だったあたしでも、
かろうじて冷静さは持っているわけで・・・。
「こいつ、押しかけガイド?」って、わかっちゃったわけなの。
「押しかけガイド」とは、ここに限らないと思うんだけれど、観光地で、勝手にガイドを
申し出て、最後に料金を請求するってヤツ。
いくらなんだって、あたしは町中でナンパされるほどイケちゃいないし。(T_T)
どうするよ?ねぇ、どうする???
けど、あまりに暇だったはずむ。身の危険はどうやらなさそうなので、
(なぜか、最後に【多額】の料金を請求される危険も、感じなかったのね)
彼について歩くことに。
けど・・・。さっきも書いたけど、ここはガイドブックに載るような観光地じゃない。
つまりは、案内なんて必要ないのね。
ちょっとした水場に案内されると、彼、
「これが・・・水です」みたいな調子。
あんた、あたしをなんだと思ってるのかしら?おばかさんだと思ってる???
しばらく、そんな彼の押しかけガイドにつきあってたんだけれど、いい加減つきあい
きれなくなって、
「悪いけど、用事があるから、ここでさよならするね」
って言うと・・・。
やっぱり。
「○○(金額ね)ちょうだい」って、彼。
やっぱりね・・・。
ま、最初からわかっていて着いてきたわけで、想像より遙かに安い金額だったことに
若干安堵しつつ、
でも、素直に「はい」って渡すのもしゃくなので、
「ほぉぉぉぉ、そういうことね。なぁ~るほど」なんて日本語でつぶやきながら、
わざとくしゃくしゃのお札で、言われた金額を払ってあげました。
ってか、あなた、○○(さっきの金額ね)の働き、してないわよ。
たとえ押しかけガイドだったとしても、一応、それ相応のお仕事はしなきゃいけないん
じゃない?
払うのやめて、殺されでもしたら、しゃれにならないので、穏便に済ませたけど。

こういうことが、はずむの住む町では、たまに起こります。
けれど、実は、十分に気をつけてさえいれば、それに、お金が若干必要になること
さえ承諾できれば、
地元民の子と接する機会なんて、そうそう多くないので、いいチャンスだったりもします。
けっこう、かわいかったもの。今回の子も。
途中トイレによって、並んで小○したんだけど、必死にのぞき込んだあたし。
見えなかったけど。(T_T)
どうせなら、ガイドじゃなくて、違うお仕事に誘ってくれればいいのにねぇ。

そんなお馬鹿なことを考えた、あまりに暇人なはずむの休日でした。

またしても、行ってしまいました
あれだけ怖い思いをして、二度と行けない・・・と思っていたサウナ。
先週、ようやくの思いで復帰したばっかりだって言うのに、あたしったら、また昨日
行ってしまいました・・・。
昨日は金曜日。事件に遭遇したのは日曜日。先週行ったのは土曜日。
先週行った土曜日は、お客さんの数もそんなに多くなく、店も戸締まり厳重に
したかと思えば、開放しっぱなしにしちゃってるようなところもあって、
総合的に・・・あんまり恐怖を感じなかったのね。なんか、漠然と、もうあんな
恐怖は二度と味わうことはない・・・みたいな。
いや、それでも恐怖感皆無・・・ってわけではなかったことは、この間の日記を読んで
いただければわかると思うんだけど。
ところが。。。昨日は怖かった。
先週来た時と昨日と、何が違うのかはよくわからないんだけど、まず、ロッカーで
着替えをしているときから、「ここで伏せたのよね・・・恐怖におののきながら・・・」
なんて、軽くフラッシュバックを味わいつつ、ちょっといやぁ~な感じを胸に抱えていたの。
でね、その後、バスタオルを巻いて、サウナに向かったんだけどね・・・。
今日は金曜日だっていうのに、お客さんの数が多い。かなりの人数が来店している模様。
そう・・・ちょうどあの日のように。あの日も、ボーイは少ないのに、お客さんの数は
やたらにいたのよね・・・って思ったら、本格的にあの日の恐怖がよみがえってきた。
今日もあの日と同じ、ボーイの数が少ない。
んでもって、とりあえず軽くサウナに入った後、タバコでも吸いましょ・・・って、再び
ロッカーに戻ったんだけど、そのとき、サウナの入り口が、しっかり施錠されていて、
新しいお客さんが来るたびに、受付のお兄さんが鍵を開けているところを目撃。
「いやぁ~、この間は半分開放されてたけど、やっぱりセキュリティー充実ね」
って、安心感をもてるはずのこの光景なのに、あたしったら逆に、
「いやぁ~ん、やっぱり危険なんじゃない。このサウナ」って方が先に来ちゃって、
もう、そこから先はびくびくモード。
いつまた、あの「動くんじゃねー。そこに伏せろ!!(もち日本語ではありません)」って
声がどこからか響くんじゃないかしら・・・ってどきどきしてたの。
今日はさっきも書いたけど、ボーイが少ない。
あの日もボーイが少なかったところ、急に増え始めた時間帯に、あの事件が起きたの
よね・・・。そうそう。しかも、8時までにお目当ての子がこなかったら帰ろう・・・って思って
た矢先の出来事だったのよ・・・確か。
今日も・・・実はまったく同じパターン。そろそろ7:30になろうというところなのに、
ボーイがなかなかやってこない。
「8時まで待って、だめなら帰ろうかなぁ・・・」なんて、まさに今思ったところで気づいた
はずむ。
恐怖極限。理由なき恐怖におののくはずむ。なに、あたしったら、好きこのんで、
入場料まで払ってこんなところで恐怖味わってるのかしら。
お化け屋敷とかと違って、マジに命の危険にかかわる恐怖味わいに・・・。
もうだめ。ボーイ君もいないし、今日はこのまま帰りましょ・・・って思ってロッカーに向かった
んだけど、ロッカーの手前で、男の子にぶつかった。
「あら、ごめんなさい」って声をかけ、顔を上げたら・・・
はずむお気に入りのCくんだったの。(前回の事件の日記、動揺していたのか名前をTくん
ってしてあるんだけど、正しくはCくんです)
やだ。。。あなた。あたしはあなたが来るのを待っていたのよ。
そう。ちょうどあの日のように。
あの日は、会ってすぐに、「ハンバーガー食べたい」ってねだられたのよね・・・。
さっそくそこにあったベンチに腰掛けて、久々の再会を喜びつつお話。
「僕さぁ、足けがしてたんだよ」
そうそう。あの日、事件の後に、バスタオル姿で足を引きずりながら歩いている彼に
道ばたで会ったんだっけ。タクシーを探しているときに。
「そうそう、そうだったよね。大丈夫だったの?」
「あのときは大変だったけど、今は大丈夫だよ」
「あなた、なんで足けがしたのよ?」
「え?あぁ、ほら。あの強盗が入った時、僕上の階にいたんだ。で、飛び降りたんだけど、
ちょっと高すぎて、足くじいたんだよね」
よみがえるあの日の恐怖。でも、この子と話していると、妙にさっきまでの恐怖心は
和らいできたの。いつもほっとさせてくれるタイプの子だし・・・ね。
「今日はマッサージは?」
「お願いするわよ」
「今すぐ?」
「うん(だって、とっとと済ませて帰りたいし)」
「そっか・・・。ぼく、ちょっとお腹すいてるんだよね・・・」
・・・あんた、それって、この間と同じパターンじゃない。だめよ、だめ。蘇るから、恐怖。
「今すぐお願いしたいわ」ってことで、そっこーマッサージに入ったCくんとあたしでした。
この子のマッサージは・・・本当にていねい。こちらに来て、なんどもサウナでマッサージ
してもらったけど、タイのボーイズマッサージも同じく、マッサージをしっかりやって
くれて「+α」がある子と、最初からいきなり+αが中心の子とがいて、はずむは前者
が好み。この子はマッサージがしっかりしているので、自然指名が多かったの。ずっと。
今日もすっごく気持ちいい。ウトウトをくりかえしちゃったはずむ。
とは言っても、タイと違って1時間いくら。。。とかじゃないから、正味30分ね。
マッサージ同様、とぉぉぉっても丁寧で、はずむ好みの+αも施していただき、
ちょっと二人でまったりした後、シャワーを浴びに行って、はずむは帰り支度をはじめた
の。
ところで。。。このサウナ、ボーイへのチップは、通常この帰り支度をするロッカーで
渡すんだけど、今日は最初に値段交渉をしなかったのね。彼はいつも決まった額
で明朗会計。他のボーイは最中に「今日はいくらいくら欲しいな」とか言うんだけど、
彼はそういったことは一切言わない人なのね。それでも普段は、「今日もいつもの
○○円(もちろんこちらの通貨よ)でいいんだよね」って確認してたんだけど、
そろそろそんな確認もいらないわね・・・って思って、今日はしなかった。
さて、じゃチップを渡そうかしら・・・ってはずむが靴下をはいているところで、彼が
はずむに
「あのさ・・・」って声をかけたの。
でも、「ん?何???」って問いかけると、ちょっと悩んだ後に、
「いや、なんでもない」って彼。
・・・明らかに何かを言いたいんだけど、躊躇してる様子。
「何よ・・・はっきり言いなさいよ」って言うと、
「実はさぁ。。。いつもは2500円だけど、今日は500円多くくれない?(結構おおざっぱな
円換算です)」って言う彼。
なんか、理由は言っていたんだけど、よくわからない。
この子、はずむに「ハンバーガー食べたい」とか、「ジュース飲みたい」とか、店の中
でおねだりすることはあるんだけど、チップのことでそういうこと言うこと、まったくなかった
の。これまで。それには理由があってね・・・。
はずむ、このサウナで何人かのボーイのマッサージを経験したんだけど、ここのボーイ、
半分くらいの子がチップで明朗会計・・・ってわけにいかず、それがかなり神経を使わせる
のね。さっきもちょっと書いたけど。
最初は○○円ね・・・って約束してるくせして、「これしたら△△円にしてくれる?」
とか、最後の最後に「今日は□□円ちょうだい!!」みたいな。
最初はその交渉自体言葉の練習にもなるし、楽しんじゃったりしてたはずむなんだけど、
それも続くとウザイ。
そんなウザさを感じ始めた頃に会った彼。彼は一番最初に会った時に行ったチップの額
を変えたことがない。だから、彼に、
「あなたは安心してお願いできるわ。他の子はチップとかお金の話をすることが多くて
それがけっこうめんどうなのよ」って言ったことがあるの。
それをきちんと覚えてたんだと思う。彼。だからこれまでそんなこと言ったことないし、
今日だって一度躊躇したんだな・・・ってわかったの。
でも、今日はたぶん、少し多めにほしいのね。何か理由もあるみたいだし。
なんか・・・かわいかったのね。その彼が。
いつもだって、ハンバーガーやら飲み物やらで、大差ないお金を出費してるあたし。
問題ないわ。
けど念のため「今日だけよ・・・」って付け加えて上乗せして渡したチップ。
大喜びの彼。
その程度でそんなに喜んでもらえるなんて、あたしもうれしいわよ。あなたにはこれからも
お世話になりたいしね。

ってことで、サウナを後にしたはずむでした。

また行っちゃうんだろうなぁ・・・あたし。二度と命の危険にさらされることだけはないことを
マジで祈っているの。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。