はずむのトラベルランド
◇◇◇ゲイに関する記述がありますので、不快に思われる方の閲覧はご遠慮ください◇◇『旅』、特に東南アジアをこよなく愛す、なのに、なぜかまったくアジアとは関係のないある国のある町で、ただいま海外生活1年目・・・の「はずむ」のブログです。


「トラベルランド」総入国者数



現在の入国者数

現在の閲覧者数:



プロフィール

はずむ

Author:はずむ
旅行大好きなはずむのブログです。ずっと東南アジア、特にタイ・ラオス・カンボジアを好んで旅して来ましたが、なぜか今は、まったく違う、日本から遠く離れたある国のある町で生活中。日常の生活で見たもの、感じたことを、みなさんにお伝えしようと思います。よろしくね。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏の旅行記 Vol 2
周遊の旅、旅行記のVol 2です。
はずむの今暮らしている街は、以前怖かった体験を日記で書いたこともある
とおり、日本なら、
「カメラは見た 衝撃の犯罪の瞬間」みたいなテレビ番組で
紹介されるような街。
今回旅をした地域も、その今はずむの暮らす街同様、怖いこともたくさん起こり
うる街だったんだけれど、
それでも、ずいぶん危険度は減る場所だったので、
「大丈夫、大丈夫!!」って、いろいろなところに顔を出しちゃったあたし。
ってことで、今回は「ストリップ」について書いてみますね。

ストリップ

今回の旅の間、この前も書いたとおり、マッサージだとか、サウナだとか、気軽に
行けるような「男スポット」には、ほとんどめぐまれなかったはずむですが、
毎晩のように、ホテルでコンピュータを使って、土地のことを調べていると、
・・・男のストリップが結構あるわって気づいたのね。
ストリップじゃ、それ以上のおもしろいことは、おそらくないでしょうけれど、
でもでも、滅多に経験できない(であろう)場所。

ってことで、それぞれの街で、「ストリップ経験」してきたはずむなの。

ストリップ1軒目

まずは、周遊の旅、最初の訪問地で出かけたストリップ。
午後4時から始まる、男ストリップバー。結構賑やかな繁華街の一角にあるという
情報を仕入れたはずむ。
早速地下鉄を乗り継いで、地図を頼りに出かけたのね。
・・・午後4時よ。
まだお日様も高く、思いっきり昼間なのに、なにしちゃってんのかしら・・・と
思わなくもなかったんだけれど、
でもでも、
初めての街で、夜中に出歩くのは、やっぱり怖いの。
で、そんな時間にでかけたはずむ。

場所はすぐわかった。
重厚なドアを開くと、すぐに階段があって、その階段を上った先は、
・・・GOGO in Thaiかと思ったわ。
まさにそんな感じのバー。
小さなテーブルや、ちょっとしたソファーが並んでいて、
店内に何カ所か、お立ち台みたいな台と、銀色のバーが立っていて、
狭いメインステージの後ろは鏡ばり。

4時開店のストリップバーに、4時ちょうどにやってくる客なんて・・・、
間違いなくあたしだけ。
愛想よく「いらっしゃいませ」と迎え入れてくれたバーテンダーのおじさん。
でも・・・しばらくはそれから二人きり。
・・・かろうじてバーテンダーさんは、カウンターでお仕事に一生懸命で、
カウンターから少し離れた席に着いていたはずむは、
あまり接触する機会がなく、気を遣う必要はお互いなかったんだけれど。

・・・気づいたわ。
「4時」は開店の時間で、ショーはもっと後に始まるらしい。

・・・どうすんのよ、あたし。

仕方なく、ビールなんか頼んで
(普段お酒飲まないんだけど、一人っきりの客が「コーラ」ちびちびじゃ、
悪いじゃない?)、お店においてあるゲイ情報誌なんかめくりながら、
ショーが始まるのを待ったはずむ。

少しずつ客が入り始め、ショーは6時に始まったの。

ところが・・・。
ダンサー、「ゴリラ」。
しかも、そのショーに視線を向けているのははずむだけで、
他の客は、カウンターに座って、おしゃべりに夢中。
誰も見ていないのに、一生懸命に踊る、ゴリラダンサー。

あまりにかわいそうだったから、あたし、お店を出ることに決めました。
だって、きっとはずむが帰れば、彼、ダンスを中断することができそう
だったんだもの。

・・・なにやってんのかしら、あたし。

きっと、もう少し遅い時間だったら、もっとかわいい子もやってきて、
お客も入り、賑やかになるんだろうな・・・って思ったんだけど、
・・・そんな時間まで待てないわ。

最初の訪問地でのストリップは、こんな感じで不発に終わりました。

ストリップ2軒目

ストリップ2軒目は、はずむの旅、ちょうど真ん中で滞在した街で行ってみました。
このストリップは、最初のストリップト違って、バーではないそうなのね。
いわゆる、ストリップ劇場。
こちらは昼間から、1時間に1回程度のショーをやっていて、ショー以外の時間は、
ゲイポルノを流しているんだって。
ってことで、こちらも先日同様、昼の3時に向かったはずむよ。

入り口を入ると、普通の映画館のように、チケットを購入し、中へ。

・・・ところが!!
中は、本当に、小さな映画館って感じで、かろうじてスクリーンの前に、小さな
ステージがあるのね。
でも・・・またしても、客、あたしだけ。
劇場?に入った瞬間に、すぐにがたいのいい、はずむ的には「イケナイ」タイプの
男の子に声をかけられたのね。
どうやら、ショーボーイらしいんだけど、
このストリップ、
もしもダンサーで気に入った子がいたら、個室が用意されていて、そこで「軽く」
遊べるシステムらしいのね。
客がはずむしかいないわけで、彼がダンサーだとしたら、ステージで踊るまでもなく、
あたしをその個室に、直で誘っちゃえば、営業的には大成功なわけよ。
でも・・・タイプじゃないモノ。
軽く交わして、座席に腰掛け、ショーが始まるのをまったはずむ。

・・・ところが。

ショータイムが始まると、・・・いや、若干予感はしていたんだけれど、
このショーのダンサーは、さっきの、はずむに激しくモーションかけてきた、彼。

想像してみてください。
小さな映画館のステージで、くねくねストリップダンスするダンサーと、
一人ぽつんと座る、たった一人の客。
しかも・・・タイプじゃない。

申し訳ないけど、ソッコーで出たわ。
立ち上がって出口に向かうあたしを見て、鳩豆鉄砲状態の彼。
そりゃそうよね。張り切って踊り出したのに、唯一の客のあたしが、席を立って
るわけだから。
失礼かな・・・って思ったんだけど、
・・・だって無理だもの。

結局、安くない入場料払ったにもかかわらず、中にいた時間は、ものの30分。
・・・なにやっちゃってんのかしら、ほんとに、あたし。

ストリップ3軒目

今回、最後の訪問地で立ち寄ったストリップ。
3軒中、最後のストリップだけど、あたしったら、ようやくここで、人並みのストリップ
体験ができました。
賑やかな飲み屋が建ち並ぶ通りから、一本奥に入った通りにある、こじんまりした店。
中は割と広い空間になっていて、そこに、カウンター席が楕円状に並んでいて、
はずむは、そのひとつの席に腰掛けて、ビールを注文。
すでに、はずむのはす向かいでは、おじちゃんが、若いボーイを背中から抱え込み、
・・・なにやらいたずらしている模様。
はずむは、とりあえずビールを注文し、店内をしげしげ眺め回してたんだけれど、
そのうち、背中から抱え込まれていたボーイが、ようやく解放されたらしく、
はずむのもとにやってきたの。

「こんにちは。はじめてですか?」
「うん」
「日本人?韓国人?」
「日本人よ」
「日本人なのかぁ~。じゃ、チップはずんでね」

・・・わけわかんないけど、この子もやっぱりダンサーのようで、ショーに出るらしい。
ママさんに、
「ショーは何時から?」
って尋ねると、
「9時からよ」
って返事。・・・まだ6時よ。

仕方なく、一度店を出て、お夕飯。8時半頃、再びお店に戻ったの。

さっきより増えた客。そして、ダンサー。
まだ9時までは30分もあるのに、ママさんのはからい?で、ショータイムスタート。
どんなショーなのかしら・・・って思っていると。

ダンサーたち、カウンター席のテーブルに靴ごと上がり、楕円状になったテーブルを、
パンツ一丁で、歩きながら回ってやってくる。
んでもって、客の前に来ると、股間強調しながら、「さわってちょうだい!!」って
くねくねダンス。

・・・彼らが一周するころには、はずむ、もう十分!!ってくらい、おなかいっぱい?に
なっちゃったんだけれど、
(前にやってくれば、いやでもチップは渡さなきゃいけないしね)
なかなかどうして、かわいい子も少しいたし、3軒目にして、かろうじて満足できる
ストリップ経験となったわけです。


・・・どうでもいいこと書いちゃった。
みなさんも、ストリップ経験、ありますか?
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

はじめまして!僕も海外在住者です。こちらはヨーロッパですが、そちらは南米ですよね?何年か前にブラジルのリオデジャネイロに行きました。元彼の故郷です。イヤー、本当においしそうな男がたくさんでびっくりしました。世界でもゲイに人気があるのがわかります。サウナ、映画館、GO-GO-BOY、クラブのダークルーム、イパネマビーチと、とっても楽しい国でした。ブラジル人と一緒だったので危険な事はなかったけど、やっぱりすごく危険が多いそうです。特に外国人はターゲットになるようです。
また、時々おじゃましますね。

【2010/09/08 02:01】 URL | kazu #UD8MxPtk [ 編集]


kazuさん、コメントありがとうございました。
いやぁ~、あたしったら、「南米」だとも、確か言っていないと思うのですが・・・。
でも、すてきな場所ですよ。またぜひに!!ね。
ってか、元彼ブラジル人だったんですか?
すてき。
本当に南米の男の子は、タイ人に共通するところ
が多くて、背もあまり高くないから、身長の
低いはずむにも、ぴったりです。
またいらしてくださいね。

【2010/09/08 08:54】 URL | はずむ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。