はずむのトラベルランド
◇◇◇ゲイに関する記述がありますので、不快に思われる方の閲覧はご遠慮ください◇◇『旅』、特に東南アジアをこよなく愛す、なのに、なぜかまったくアジアとは関係のないある国のある町で、ただいま海外生活1年目・・・の「はずむ」のブログです。


「トラベルランド」総入国者数



現在の入国者数

現在の閲覧者数:



プロフィール

はずむ

Author:はずむ
旅行大好きなはずむのブログです。ずっと東南アジア、特にタイ・ラオス・カンボジアを好んで旅して来ましたが、なぜか今は、まったく違う、日本から遠く離れたある国のある町で生活中。日常の生活で見たもの、感じたことを、みなさんにお伝えしようと思います。よろしくね。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はずむの現地男の子考察
はずむが日本を離れてこちらにやってきて、まもなく1年が経ちます。
その間に、非常に興味深い、日本の男のとは違う、こちらの男の子の・・・なんて言うの?
習慣っていうか、習性っていうか、とにかく特徴をいくつか感じるのね。
今日はそのうち3つについて書いてみようと思います。
1つはすでに以前書いてるんだけど、それをさらに深く考察したものを。
・・・んな大げさなモノじゃないんだけど。

まず1つめ。
「こちらの男の子は、人前でも町中でも平然と股間をいじる」
これは、以前にもここで書いたことがあるの。こっちに来て、むちゃくちゃびっくりしたことの1つ。
とにかく、男の子達、よくさわる。
誰かと話をしていても、普通にもむ?っていうか、つまむ?し、
歩きながら、平気で「よいっしょ」って感じで持ち上げたりするの。
これが、慣れないはずむから見ると、むちゃくちゃ「男」を感じさせて、セクシーなんだけど、
どうやら、これ、こちらの人が見ても、まったく普通のことらしい。セックスアピールは
かけらもない模様。
でもね、本当に頻繁なのよ。町歩いてて、見ない日がないくらい。
「あ・・・あんた、そろそろもむわね?」って思ってると、やっぱりもむ。
前回は、「どうしてなのかしら」「セックスアピール?」「いずれにしてもセクシーね」
ってとこで、はずむの記事は終わってたはずなんだけど、
それから以降も、ずっと観察し、検証した結果・・・もしかしたらって仮説が立ったわ。
はずむの中で。
一つはね、「モノの大きさと衣類の間にある相関関係によるもの」
こっちの子、はずむの知る限りでは、非常に大きなお宝をお持ちの子が多い。
日本人なら「普通の大きさね」って言っちゃうくらいのモノが、こちらでは超祖●ンの
部類に入るくらいに、「デカイ」ものをお持ちなのね。
あんた、水泳の時以外にも、サポーターつけてなきゃだめなんじゃない?ってほど。
けれど、彼らがつけているズボンっていうのが、ほとんど7分丈の薄い生地のもの。
そして、その中には、ゴムが緩くなっちゃってるような、あまり縫製のよくないブリーフ
ってのが典型。
つまり、大きなモノが、始終ポジション悪くなっちゃうんだと思うのよね。
みんながみんな、でかくてポジション悪くなるようなズボンやパンツを着けてるんで、
もう、人前だろうがなんだろうが、お構いなしになっちゃうだと思うの。
性に関しておおらかなお国柄。だから、自分のチ●ポつかんでるくらい、全然興奮に
値しないことらしい。
大興奮してるのはあたしだけだった模様・・・。
ってか、ほんとにデカイのよ。マニアにはたまらないと思われ・・・。

次に2つめ
「ほとんど包茎」
こっちの男の子たちは、「包茎」が主流。会う子、会う子、軒並み「仮性包茎」。
平常時はしっかり被ってる子がほとんどなのね。
日本では、なんか、おちんちんの皮が剥けてないと、「一人前」ってみなされないで、
だから、極端に「包茎」を気にしたり、隠すじゃない?
病気になりやすいとかいうのも、原因なのかもしれないけど。
けど、こっちで男の子の裸に出会う回数が増えるにつけ、
「えっと・・・なんで、おちんちんに皮被ってちゃいけないんだっけ?」って思っちゃうのよ。
でも、皮被ってても、あれだけ大きく成長するのは、どうしてなのかしら?
その辺が今後の研究課題です。はずむの。

最後に3つめ
「ノンケはすぐにわかる」
さっき、性に関しておおらかなお国柄って書いたんだけど、性に関しておおらかっていうより、
男も女も、「性欲」から起こる行動を、自然なものとして受け入れてるっていうのかしら・・・。
照れがないのね。
日本だと、「こういうことしたいけど、みんなの手前、恥ずかしいし、まずいだろ・・・」って
普通なら抑えている行動が、ここでは「みんなしたいのはあたりまえ」って感じでしちゃうって
言うか・・・。
何のことかって言えば、視線なのよ。視線。
日本でね、例えばとってもセクシーなお姉さんが通ったとするでしょ。ついつい視線で追っちゃ
ったりするのは、本能として仕方ないことだとしても、あんまりじぃ~っと目で追ったりはしな
いでしょ?さりげなく見ちゃったりとか、何度も見ちゃったりとかってのはあっても。
こっちの男達、「ガン見」なの。
こちらでは、男性が一番セックスアピールを感じる女性の部分は、日本みたいに
「うなじ」とか「足首」とか「胸」じゃなくて、「ケツ」なのよ。「ケツ」。
だから、向こうからよさげな女の子が近づいてきてすれ違うと、ほとんど男は全員、しっかり
振り返って彼女の「ケツ」を見ます。
本当に、おもしろいくらい、必ず、お約束のように振り返る。
で、見られてる女性も、「いやぁ~ねぇ。いやらしい・・・」なんて態度は絶対にしない。
「ありがとう」なんて言いそうな勢いで、ほほえみかえしちゃったりしてるのよ。
この国には「セクハラ」なんて言葉はないか、あっても相当のレベルのものでなければ、
「セクハラ」とはされないんでしょうね。
もう、猫も杓子も振り返るので、タクシーなんか乗ってると大変よ。運ちゃん、口笛でも
吹かんばかりの勢いで振り返るから、
「あんた!!前みて運転しなさいな。このスケベ親父!!」って、怒鳴りたくなることたびたび。
でも・・・考えてみたら、じゃ、「振り返らない」男を見たことあるかって聞かれると、
・・・ないかも。
きっと、ゲイの男の子達、ばれないように一緒に調子を合わせて振り返っちゃうことが多い
のかもしれないわ。
ってことは、「ノンケはすぐに」・・・わからないじゃないの!!
自分の検証に、自分で突っ込み。
もう一度研究しなおさなきゃだわ。

・・・どうでもいいことを書いてしまいました。失礼、失礼。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。