はずむのトラベルランド
◇◇◇ゲイに関する記述がありますので、不快に思われる方の閲覧はご遠慮ください◇◇『旅』、特に東南アジアをこよなく愛す、なのに、なぜかまったくアジアとは関係のないある国のある町で、ただいま海外生活1年目・・・の「はずむ」のブログです。


「トラベルランド」総入国者数



現在の入国者数

現在の閲覧者数:



プロフィール

はずむ

Author:はずむ
旅行大好きなはずむのブログです。ずっと東南アジア、特にタイ・ラオス・カンボジアを好んで旅して来ましたが、なぜか今は、まったく違う、日本から遠く離れたある国のある町で生活中。日常の生活で見たもの、感じたことを、みなさんにお伝えしようと思います。よろしくね。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フェチ
身体の一部や衣服・その他記号化された様々な物品・現象に「個性的」な執着を
見せたり、性的興奮を示す傾向を「フェチ」と呼ぶのだそうです。
みなさんは、なにか「フェチ」がありますか?
いきなりこんな話題でごめんなさい。でも、最近「はずむのトラベルランド」に、何か
書きたくて、でも特にタイネタがあるわけでもなく・・・。こんなどうでもいい話題につい
て書きはじめてるあたし。お暇ならおつきあいくださいね(^^;)
はずむは・・・おそらく、これまでたくさんのことを書いてきて、みなさんに読んでいただ
いたけれど、この「フェチ」については、本邦初公開じゃないかしら?
はずむは、何を隠そう、「腋フェチ」です。
いやぁ~ん、なんか、自分の「変態的」な面をさらけ出したみたいで、無茶苦茶恥ずか
しいわ。でも、書いちゃうんだもん。
はずむが「この子、いいなぁ・・・」「すてき」「抱かれたいわぁ~」って思うのに、
まず第一に必要なのは、やっぱり「タイプなお顔」なのね。まぁ、人のお顔のこと、とやかく
言える立場にもないし、贅沢はいわないんだけど、けど、あるじゃない?「タイプ」な顔って。
でね、そんな「バリタイプ」のお顔の子に出会ったとして、次に気になるのは
・・・なぜか、「腋」なのよ。
人によっては顔の次は「髪型」だったり、「腹筋」だったり、「おしり」だったり、はたまた
いきなり「モノの大きさ」だったりするんでしょうけど、はずむはあんまりその辺は気になら
ない。やっぱり・・・腋なの。
「濃い」とか、「薄い」とかはあんまり関係ないんだけどね、「いいなぁ・・・」って思った子が
Tシャツとかタンクトップとか着た状態で、無防備に髪なんかかき上げちゃってる姿とか見
ちゃうと・・・、もう、鼻血出ちゃう。
んでもって、ちょぉぉぉタイプの子だったら、そこから汗のにおいなんかしちゃった日
には、失神ものです。(あくまでもほのかなニオイね。ワッキーじゃなくて)
だから、タイのGOGOとかに行くときも、けっこうあの格好で両腕なんか上げられちゃうと
それだけでやられてしまうこともあったり・・・。
それに、まったく一般の公共の場所・・・たとえば電車の中とかで、目の前の子がつり革とか
につかまったときに、シャツの裾から見えちゃったりすると・・・、マジマジ見てはいけないわ。
こんな公共の場所ではしたない・・・と思いつつも、ついついしげしげ観察しちゃったり。
けれど、そんな「フェチ」を抱えたはずむだけど、「腋」ってさ、微妙なのよね。
たとえばね。そんなタイプの子とHするような状況になったとするでしょ?
たとえば、「髪型フェチ」なら、その髪でもなでながら、「似合ってるよ、その髪」とか言っても
不自然じゃない。「腹筋フェチ」なら、「いいね。その腹筋。かっこいいよ」とでも言いながら
なでたとしてもおかしくない。「おしり」や「モノの大きさ」だって、いざHをはじめちゃえば、
なでようと、眺めようと、さわろうと、舐めようと・・・好き放題でしょ。
けどさ、いきなり相手に「腋毛見せて」とか、「ニオイかがせて」って・・・ヒくでしょ。普通。
だから、今まで数多くの男とベッドをともにしてきたのに、ほとんどその「フェチ面」では
満たされたことがないあたし。
けどね、そんなはずむなんだけど、前回の日記に書いた、「恐怖サウナ」の長身
マッサージくんは、そんなはずむの「フェチ」を知っている、数少ない男の子。
最初に彼に会ったときに、あたし、はしたなくも「ニオイかがせなさい」って言っちゃったの
よね。そしたら、それから以降、マッサージの最後はかならずはずむの鼻先に自分の腋
を持ってきて、嗅がせるのよ。「ほら、いいよ」みたいな。
これまで表に出さなかった自分のフェチを開放しちゃった数少ない相手だから、
それはそれは、すてきな時間・・・のはずなんだけど・・・。
そこで大問題。
彼、確かに最初に会った時には、かなりはずむ好みの「汗のにおい」がしたのね。
ほのかに・・・。マッサージの後だったから、ちょっと汗ばんだのもあるようで。
すごくすてきなニオイだったの。
けど、2回目以降、彼、しっかり「デオドラント」しちゃってて・・・。甘い香りしかしないのよ。
ショックだわ・・・。この間、勢いで舐めちゃったら、無茶苦茶苦くてびっくりしたの。
要らないわよ・・・制汗剤・・・。
だから、最近は「もういいわ」って、こちらから拒絶するように。
・・・はぁ。誰か、ちょぉぉぉぉイケメンで、はずむにワキをさらしてくれるセクシーな子、
いないかしらね・・・。

ってはずむなんだけど、実はこちらに来て、「手は届かない」けど、最高なことが。
こちらの男の子たち、暑い場所だってのあるんだけど、基本ノースリーブが当たり前。
しかも、暑い日なんかは、そのノースリーブさえも脱いじゃって、上半身裸になって歩いて
るから、はずむのフェチを満足させる光景が、街中てんこもり。
何度運転中に夢中になっちゃって、事故りそうになったかしれないわ。
タイに行けなくて寂しいはずむの毎日なんだけど、それだけは本当に、「ここで暮らす
ようになって良かった・・・」って思えること。
マジで、かっこいい腋毛はやしてる子いたら、ナンパしちゃおうかしら・・・。
絶対無理だわ。

あたしったら、今日は何、長々と、自分の変態話しちゃってるのかしら。
溜まってるのね。きっと。

みなさんはどんなフェチですか?
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。