はずむのトラベルランド
◇◇◇ゲイに関する記述がありますので、不快に思われる方の閲覧はご遠慮ください◇◇『旅』、特に東南アジアをこよなく愛す、なのに、なぜかまったくアジアとは関係のないある国のある町で、ただいま海外生活1年目・・・の「はずむ」のブログです。


「トラベルランド」総入国者数



現在の入国者数

現在の閲覧者数:



プロフィール

はずむ

Author:はずむ
旅行大好きなはずむのブログです。ずっと東南アジア、特にタイ・ラオス・カンボジアを好んで旅して来ましたが、なぜか今は、まったく違う、日本から遠く離れたある国のある町で生活中。日常の生活で見たもの、感じたことを、みなさんにお伝えしようと思います。よろしくね。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人の無意識の優しさ・・・癒し
たっだいまぁ~。
食餌・・・ならぬ、今日は食事でパート2って感じの内容です。
お仕事からの帰り道、ふらふら町を歩いていたはずむ。「今日は何食べよう・・・」
日本だったら、
「今日は疲れちゃったし、あそこのコンビニ?それとも、ホカ弁?いや、何かとろうか・・・」
ってとこの気分なんだけど、おいしいものなんて今のところ出会ってないから
「あれ買って帰ろう!!」ってもの、皆無。
かと言って、おうちに帰って、大量の冷凍お肉の山からどれかを選び出し、自然解凍
するのを待って、ご飯炊いて・・・って気分でないくらいお疲れ帰宅のあたし。
どうしよう、どうしよう・・・って、「もう、今夜は買い置きのカップラーメンでいいか」まで
思っていたんだけど、そんなはずむの視界に、一軒のホットドッグ屋さん。
あら?こんなところにホットドッグ屋さんなんて出てたっけ?
何の気なしにのぞいて見ると、お店のお姉ちゃんが笑顔で「こんばんは」って声をかけてくれた。
あまりにその感じがよかったので、思わず
「2つちょうだい」(なぜ2つなのかしら。とんでもなくまずかったら、どうすんのよ)
って注文したの。思わず出た言葉は・・・英語。
そしたらね、お姉ちゃん、「なんで英語なのよ?」っていういやな表情はまったく見せず、
おそらく、本当にはずむが英語で「2つ」と言ったのかどうか、自信がなかったんでしょう。
「2つね?」って、こちらの言葉で聞き返してきたの。
はずむが、「うん、2つね」ってこちらの言葉で返事をすると、また、ニコ。
決して手際はよくないんだけど、なんとなくおいしそうなホットドッグが2つできあがった。
なんか、心地いい。
「いくら?」って覚え立ての言葉で尋ねると、およそ日本円で1つ100円くらい。
あら、思ったより安かったわ。
けど、財布を探ってみたら、細かいお金がなかったはずむ。仕方なく大きなお金を彼女に渡し
たのね。そしたら、彼女、「@◎*†§‡#◆♥・・・」と、はずむの耳元でささやいて、どこかへ
出かけていった。おそらく、おつりながくて、どこかにくずしに行ったのね・・・ってしばらく待って
いると、再び笑顔で戻ってきたお姉ちゃん。
これまた覚え立ての言葉で、「ごめんなさい。ありがとう」って言うと、また笑顔。

はずむ、ここで生活するようになって、すごく感じることなんだけど、こちらの人は、はずむが
こちらの言葉を解そうと、解さなかろうと、とても優しい。どんなにしゃべれなかろうと、意味が
すぐにはわからないジェスチャーつきではずむに話しかけられて閉口・・・って感じでも、
必ず笑顔で答えてくれて、どうにか理解しようとしてくれる。
その人々に、どれだけ毎日いやされることか・・・。いや、ほんとに。
だから、なおさら、はやく言葉を覚えたい。言葉を覚えられたら、もっともっと、幸せな気分を
味わうことができるんだろうな・・・って思うの。

さて、幸せかみしめながら、再び帰り道をふらふら歩いたはずむ。
ようやくアパートに到着して、門番の人に、「こんばんは」って声をかけたのね。
この門番、そんなに若い感じじゃないんだけど、24時間勤務だから何人かの
交代要因がいるらしく、その中では一番好きな感じの人なのね。
彼が、これまたすてきな、こちらは「男らしい」笑顔で、「こんばんは」って。
もう、ホットドッグ屋さんに続き、腰砕けそうになったわ。幸せで。
彼らに「こいつは異国から来た寂しい?かわいそうな??やつだから、優しくしてやろう」
って気持ちが(あたりまえだけど)まったくない笑顔なだけに、なおさらうれしいはずむ。
当たり前に受け入れられることの幸せ・・・とでも言うのかしら?
週末のとってもすてきな帰り道でした。

ところで・・・買ってきたホットドッグ。
・・・おいしかったわ。
これで100円なんて、お買い得。まぁ、だからと言って、今からまたもうひとつ買いに・・・
ってほどではありませんでしたが(^_^;)

ちょっとした「幸せ」です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。