はずむのトラベルランド
◇◇◇ゲイに関する記述がありますので、不快に思われる方の閲覧はご遠慮ください◇◇『旅』、特に東南アジアをこよなく愛す、なのに、なぜかまったくアジアとは関係のないある国のある町で、ただいま海外生活1年目・・・の「はずむ」のブログです。


「トラベルランド」総入国者数



現在の入国者数

現在の閲覧者数:



プロフィール

はずむ

Author:はずむ
旅行大好きなはずむのブログです。ずっと東南アジア、特にタイ・ラオス・カンボジアを好んで旅して来ましたが、なぜか今は、まったく違う、日本から遠く離れたある国のある町で生活中。日常の生活で見たもの、感じたことを、みなさんにお伝えしようと思います。よろしくね。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はずむ 冬の旅行記 その2
3日目

朝7時に起床。やっぱり旅先だと朝が早い。(って言っても、普段はもっと早起きだけど)
朝ご飯はとらずに(あんまり魅力的じゃなかったの)、さっそく町歩きにでかけたはずむ。
今日は夕方のフライトで次の目的地に向かうのね。
フロントに行って、「レイトチェックアウト頼めるかしら?」って聞くと、1泊の半分の宿泊費
払ってもらいますっていう返事。・・・やめとくわってことで、一度チェックアウトの時刻に
戻ってきて、フロントに荷物を預けて再度出かけることに決め、そのときのために
荷物をまとめてから、午前中の散策に出かけたの。
C国のSっていうこの町は・・・
はずむは昨日、今日しか歩いていないので、そんなに理解できてるわけではないんだ
けれど・・・印象としては、すごく穏やかで、落ち着いていて、きれいな町。
歩いていて、とても心地のいい町。
公園のベンチに腰掛けて、ぼぉ~っと時間を過ごしてみたり、歴史的建造物を見学して
みたり・・・。途中お腹がすいたので、町中のなんでもない食堂に入って、なんでもない
ハンバーガーを頼んだら、それがむちゃくちゃおいしくて感動してみたり・・・。
つまりは、なんでもないながらに、とっても充実した気持ちになれる散策を楽しんだはずむ。
お店なんかも眺めつつふらふらしているうちに、結構時間があったはずなのに、あっという間に
ホテルのチェックアウトの時間になったので、ホテルに戻ったの。

ホテルをチェックアウトすると、そのままフロントに荷物を預かってもらって、はずむは
再び町歩き。この町を一望できる、小高い丘があってね、そこに向かったの。
みなさんがいる日本は、今は冬真っ盛り。雪は降ったのかしら?はずむが暮らす国も、
今訪れているここC国も、暑いのね。けど、日陰に入ったりすると、日本の夏にはあり得ない
ほど涼しい。暑い中歩き回って疲れると、日陰で休憩したり。
まったりいい感じの昼下がり。
丘からは本当に町が一望できた。今日でこのC国のSっていう町とはお別れ。数日後に
飛行機で立ち寄りはするんだけれど、町には来ずに、空港近くでお泊まりの予定なの。
しっかり目に焼き付けたわ。ついでに写真にも。

keshiki

再び町歩き。すると・・・ス○バ発見!!ちょっと休憩よ。
実はね・・・日本でもタイでも、ちょっとお茶でも・・・って思った時に、気軽に喫茶店に入って
飲むじゃない?はずむ、暑い夏でも、寒い冬でも、割と「アイスコーヒー」を注文することが
多いのよ。けど・・・はずむの暮らす町でも、今旅で訪れているこの町でも、アイスコーヒーって、
・・・ない。邪道らしいの。つめたいコーヒー。
だから、ス○バって、ある意味貴重。だって、アイスコーヒー飲めるんだもの。
久々の味を満喫、満喫。最高の気分よ。

さて、そんなことをしていた、特に目的のない町歩きのはずむなんだけれど、そろそろホテルに
戻って、空港に向かわないといけない時間。
タクシーをつかまえてホテルへ。おつりよこさない運転手にむかっ腹たてつつも、
ホテルに到着し、荷物を受け取り空港へ。
はずむは今日ここから、一番楽しみにしていた旅の目的地に向かいます。
最初にも書いたんだけれど、この部分については、ここ以外のブログでとっても詳しく書いて
しまっているので、ここにはあまり細かく書けないんだけれど、
ここC国Sという町から、さらに飛行機で日本から香港あたりまで行けちゃいそうなフライトを
経て、ある「島」へ向かうの。
いつの頃からか、いつかは行きたいと思っていつつ、あまりに日本からだと距離がありすぎ
て、なかなか実現できなかった旅。
この島の部分については、まとめて主なエピソードのみ書こうと思っています。ご了承ください。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。