はずむのトラベルランド
◇◇◇ゲイに関する記述がありますので、不快に思われる方の閲覧はご遠慮ください◇◇『旅』、特に東南アジアをこよなく愛す、なのに、なぜかまったくアジアとは関係のないある国のある町で、ただいま海外生活1年目・・・の「はずむ」のブログです。


「トラベルランド」総入国者数



現在の入国者数

現在の閲覧者数:



プロフィール

はずむ

Author:はずむ
旅行大好きなはずむのブログです。ずっと東南アジア、特にタイ・ラオス・カンボジアを好んで旅して来ましたが、なぜか今は、まったく違う、日本から遠く離れたある国のある町で生活中。日常の生活で見たもの、感じたことを、みなさんにお伝えしようと思います。よろしくね。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はずむのトラベルランド 旅行記復刻版? 2007年夏1回目
旅行記復21(丸文字が20までで使えなくなっちゃったわ) 1回目

2007年7月24日~7月28日のタイ旅行記
2007年夏 前半の旅の旅行記

今年の夏も、長い旅に出たいって思っていて、どうにか日程をやりくりしたいって
考えていたの。
けど、どうしてもはずせないお仕事が8月最初に入っちゃった。
その仕事のためには、絶対に日本にいなくちゃいけない。
どうしよう・・・、どうしよう・・・って考えてたんだけど、
せっかく取ろうと思えばその前後に結構な日数取れるお休み。
そのひとつのお仕事のために、どちらか一つを選んでの短い旅行で我慢するのは、
自分的にちょぉぉぉいやだったのね。
すでに後の方、8月中旬には9日間の旅行が確定していた。
航空券は特典航空券を利用なので、費用の心配はあんまり大きくない。
もう1回分チケットを手配したところで、それほどの負担じゃなかったのね。
じゃ・・・ってことで、
この夏は2回にわけて旅行に出ることに決定したはずむ。
とはいえ、実は、いまからここに書く旅行記、「前半の旅」は、
その後半(7/28~数日間)に単なるお気楽旅行ではなく、
ちょっとした用事も兼ねて別の場所に移動となったはずむ。
だから旅行記で書けるのは、7/24~28のパタヤの部分のみなの。
なので、最初は後半の旅(8月の旅)についてだけ旅行記を書こうかな・・・って
おもっていたんだけれど、
後半の旅を終えた今、前半の旅から続く登場人物や、エピソードも多くて・・・。
ってことで、前半の旅も、出国からパタヤの部分だけを取り出して
書いてみようと思い、今コンピュータの前に向かいました。
パタヤはいつ行っても同じようなリズムの生活だし、
あんまり変わり映えしないんだけど、
読んでみてくださいね。

7月24日(火) 1日目

パタヤへ

朝?夜中?旅立ちの朝は早い

実はこの青字のタイトル、去年の夏の旅行記とまったく同じ。
同じような旅を繰り返してるんだわぁ。(^^;)
なんだか昨夜は寝られなかった。朝早いからってことで、もう、夕方6時には
ベッドに入ったんだけど、
目が覚めちゃって・・・。
そのままだらだらしながら、再び0時にベッドに入ってみても・・・寝られない。
結局羊を数えようと何しようと寝られなくて、ちょぉぉぉぉ焦ってたんだけど、
そんなことをしてる間にいつのまにか寝ちゃって、
今度は起きられなくなっちゃった・・・(T_T)
1時に目覚ましかけておいたのに、
「あと少し・・・。そう、あと少し寝かせて・・・」って、
結局2時15分に起床。
ま、起き出すのが遅くなっても、そんなに大きな問題はないので、よしとしたわ。
いつも早朝出発の時は、駅までの足のことで困っちゃうんだけど、
今回は昨日の夕方にタクシー会社に電話をしたら、
簡単に予約が入れられちゃって、OK。
4時に迎えに来たタクシーに乗って、駅のバス停に向かったはずむ。
タクシーの運ちゃんに、
「5時のバスですか?ちょっと早すぎませんか?」って聞かれた。
いいの。いいのよ。だって、もしもタクシー来なかったら、
ギリギリの時間だと大騒ぎでしょ?
でも・・・やっぱり朝は空いてるのよね・・・。バスの時刻の40分前に到着。
ま、出発からトラブルに見舞われて大騒ぎしたり、
重い荷物を転がしながら歩いて向かうよりはずっとましだしね。
次はもう少し遅い時間の予約でもいいかもしれないけど。

空港に到着したのは7時前。
すぐにチェックインすることができ、レストランで朝ご飯。朝定食。
ちょっと鮭の味が変。・・・これ、鮭に見立てた違うお魚じゃないの?
っていうか、相変わらず高いわ。レストランのお食事。
隣では、とろろご飯セットを頼んだ韓国人?の男の子が、ウエイトレスを呼び止めて、
「このとろろご飯、携帯で写真とっていいですか?」って聞いてる。
「ぜんぜんかまいませんよぉぉ」なんて、今風のノリで答える女の子。
僕!!僕ぅぅぅぅ~!!わかるわよぉ。その気持ち。
あたしも外国に出ると、自分の食べたもの、すべて写真に残したくなるもの。
実際にしたことはあまりないけど。
出国審査もかなり空いてた。いつもこんな感じならいいのに・・・。
そんなこんなで、ゲートには登場時刻の35分前に到着。喫煙所でタバコ吸いながら、
ちょっとまったり。
これくらいの時間がちょうどいい。いつもこんな感じならいいんだけどなぁ。

快適、昼便

今回のフライトは、シンガポール航空。はずむ的にはちょぉぉぉ久しぶり。
今確認したら、5年以上前なのね・・・。前回の利用。
いいわ、SQ。
雰囲気やサービスはもちろんのことなんだけど、今日はおまけに、
窓側3人席独り占め。
空いてるって、素晴らしい!!
飛行機はほぼ定刻にテイクオフ。
いよいよ出国ね。素敵な旅にしたいわ・・・。

このところ、昼便の利用が多いはずむ。
理由はごく簡単で、夜便利用の方が昔は料金が安かったのに、
最近はそんなに差がないからってだけなんだけど、
昼便、いい!!
離陸早々、すぐランチになったんだけど、はずむはシートテレビで映画に夢中。
「バッテリー」っていう、本もよく売れた小説の映画で、
ファミリードラマ?的作品なんだけど、
超夢中になって見ちゃった。
ってか、不覚にも、ラストの頃には涙ぽろぽろ・・・。
良かったぁ。となりに誰も座ってなくて。
んでもって、「バッテリー」のあとも、
「こんな感じなら、3本も映画見たら、あっという間に着いちゃうんじゃない?
バンコク・・・」とか思って、
早速次の映画、「フラガール」なるものをセレクト。
けど・・・眠くなっちゃった。
考えてみれば当たり前。朝早かったんだから。
ヘッドフォンを外して、うたた寝。
そんなことをしている間に、SQ631便は、定刻より40分も早く、1:20に、
バンコク、スワナプーム空港に着陸したのでした。

素通り、バンコク・・・ いざパタヤ

空港に到着すると、今回の旅の後半に次の目的地に飛ぶためのチケットを
カウンターに受け取りに行き、タクシーカウンターへ。
パタヤまで全込みで1400Bだって。
1時間半少しで到着。早くなったわねぇ。パタヤ。
ホテルにチェックイン。ホテルは某2チャンネルでも
「はずむって、パタヤのホテルはいっつも●●だな」って
書き込まれちゃうくらいだから、
今更言うまでもなく、●●ホテル。(^^;) 定宿よ。
レセプションの女の子が、今日はこのホテルにしてはめずらしく、超感じがいい。
ちょっとタイ語を使ったら、
「よく来るの?」って聞かれたわ。
「宿泊はお一人ですか?」って尋ねられて、「はい」って答えたあたし。
けど、そう答えて、急に不安になったはずむ。
このところ、このホテルは自分でメールで直接手配してて
(以前はインターネットだけど、直接メールじゃなかったの)、
そのせいかどうなのか、JFは請求されること、ほとんどなくなったんだけど、
「1人宿泊」って宣言しちゃって、男の子連れて帰ってきたら、
どうなっちゃうのかしら?
思わず慌てて、
「ねぇねぇ、でも、誰か連れてきたときはどうするの?」って聞き返したら、
「IDを預けてくれればOKね。」って返事。
ってか、バレバレね。(>_<)

4ヶ月ぶりのパタヤ

部屋に荷物を置いて、ほっとひと息。イスに座ってタバコに火を点けた。
さぁ、どうしよう。
朝も早かったことだし、ちょっとお昼寝でもしようかしら・・・って
思いもしたんだけど、もったいない・・・。
お腹も空いたし、外に出かけることに。
マッサージをしてほしいなぁって思ったんだけど、メニュー表を見たら、
オイルマッサージは2時間800Bって数字。
超バーツ高のこのご時世、
ただのマッサージで800B・・・。
いや、それでも激安なのは分かっているんだけど、
何度も言うけど、このところのバーツ高。
なんだかバカにビビッてるあたし。
結局、マッサージは保留にして、お気に入りBoat食堂へ。
あたしったら、本当にお腹空いてるんだわさ。
ウエイター君が来たので、
「え~っとぉ、アイスコーヒーと、カオパット。それに、クイッティオをちょうだい」
って注文したの。
けど・・・カオパットが出てきて、ちょっと後悔。けっこう量があって、
この上さらに、クィッティオを食べきる自信ないわ・・・。
幸い・・・ホントなら文句言うべきことなんだけど、何かの手違いで
クィッティオが出てこなかったので、ラッキー。
しっかりお会計で削ってもらったわ。
その後、7・11でお買い物。両替したばかりで1000B札が多いから、
早く細かくしてもらわなくちゃ。
レジではじき出された金額は91B。かわいい男の子の店員に1000B札を渡した。
そのバイトの彼、丁寧におつりを数えてる。一生懸命な姿が可愛いわ。
おつりを受けとって、「ありがとね」って声をかけ、店を出たあたし。
けど・・・ん?
ちょっと多くない?このおつり。
店を出て数えて見たら、999Bある。
あら、あたし、7・11で「1B」の何を買い物したのかしら?
お店に戻って、笑って彼に多かったおつりを渡すと、ちょぉぉぉぉ照れて、
近くの別の店員に突っ込まれてたわ。
ってか、あり得ないから。よかったわね。正直者のお客さんで。
感謝おし。

Jくん

さ、今日はビーチに行くにしては遅すぎるし、
夜のお遊びのためにお昼寝しましょってベッドに横になったんだけど・・・。
目が覚めたら1:50。
ゲ。
本気で寝ちゃったわ。
せっかく昼便で来たのに、何やっちゃってるのかしら、あたし。
けど、寝不足は事実だし、今日始まったばかりの旅。明日からのことを考えたら、
仕方ないのかしらね。
バーに会いに行って驚かせるつもりだった、今のお気に入りの一人、
Jくんに電話したら、これから来るって。
まもなくやって来たJくん。今はボーイではなく、ママさんをしてるらしいんだけど、
相変わらずかわいいわ。
久々の再会の逢瀬。
用事があるっていうんで、4時過ぎには帰って行った彼。
思わぬ本日の最終収入って感じかしら。
でも、それでもいいんだぁ。
そういうとこ見え見えの彼だけど、それでもついつい会いたくなっちゃう、
そんなキャラクターが彼の最大の魅力だから。
チップをポケットに突っ込んでやったら、額を確認することなく
「またね」って出て行った彼。
お、合格よ。(^o^)

さ、明日はジョムティエンに行きましょっと。

7月25日(水) 2日目

パタヤ2日目

雨季のパタヤ

朝8時に起床。
シャワーを浴びて、さっそくビーチへ。
「これをすると、パタヤに来たって実感するわぁ~」ってことのひとつが、
ソンテウの利用。
このソンテウって、はずむが慣れたの?それとも、ソンテウ運ちゃん達がよくなった
のかしら?
無茶苦茶な料金言われたりして、嫌な思いをすることがまったくなくなったわ。最近。
今日もジョムティエンで10B渡すと、にっこり笑ってくれた運ちゃん。
気分いいわぁ。
バンコクのタクシーとかもそうだけど、
観光客だからって言ってメーター回さなかったり、
「100B」とか1本指上げるより、
普通に営業してた方が、観光客だって安心して利用できるわけで、
その分利用者も増えて利益も上がるんじゃ?って思ってたんだけど、
そういう流れになってきてるのかしら?だったらいいなぁ。
さっそく海沿いの道を歩く。
あたしったら、このジョムティエンビーチの海の家、毎日通っている時は
大丈夫だけど、時間があくと、前回どこの海の家を利用したのかが、
さっぱりわからなくなっちゃう。
イスの色なんて覚えているはずもなく・・・。
だと言うのに、海の家のおじちゃん、おばちゃん、さすがタイ人だわ。
しっかりはずむを覚えていてくれて、
「おぉ~、久しぶりぃ。入れ入れ!!」って。
3月の時にお友達のKくんと利用した海の家よ。
よく覚えていてくれました!!
チェアに腰掛け、アイスコーヒーとお水と氷を頼んでまったり。
おばちゃんが寄って来たんで、マニキュアをお願いして、その後は本を読んだり、
海を眺めたり・・・。
本当に、ビーチでの時間って、
後で考えると「何したんだっけ?」って思っちゃうような時間なのに、
でも、あっという間に、でもでも、まったりと過ぎて行くから不思議、
そろそろお昼にしようかしら・・・って思って、パッタイ・ターレーを注文。
さ、腹ごしらえして、さらに満喫するわよ!!って思っていたんだけど・・・。
ん?なんだか妙に涼しくない??
急に風が強くなって、空には雨雲が広がった。
いやぁ~ん・・・。雨降るの?
周りのお客さん(ファラン)は、決断早く、かなりの人が荷物をまとめ出て行った。
でも・・・あたしは帰りたくないぃぃぃぃ!!
粘りに粘ったんだけど、
とうとう雨粒が・・・。
だめね。今日は。
仕方なくお会計。「明日ね」って言葉に軽く相づちを打って、
はずむはビーチを後にしたの。

雨のパタヤの過ごし方

雨に降られちゃしかたない。お買い物に歩くにも、買いたい物ないし、
これはマッサージにでも行きましょってことで、
ジョムティエンコンプレックスあたりに
男の子のやってくれるマッサージあるかもって思い、
歩いて向かったんだけど、
いまいち分からず。
そのうち雨も結構な降りになってきたんで、ソンテウを捕まえた。
昨日のノンケマッサージのお店の前でソンテウを降りたんだけど、
やっぱり高いわ。これならボーイズマッサージに行っても一緒かも・・・て
結論を出し、
このところ、バンコクでもパタヤでもめっきり行かなくなった、
ボーイズマッサージへ。
道に迷いつつ歩き、ようやくたどりついた「B」マッサージ。時間が早いので、
ボーイ君は一人。
けど、第1の目的はあくまでも「マッサージ」だから、構わないわ。
お部屋にシャワーがあって、まずは汗を流したんだけど、
ここ、シャワールームの窓から、向かいのビルが丸見え。
ねぇ、ねぇ、これって、向こうからもシャワー浴びてるあたしが丸見えってこと?
そうでないことを、切に祈るわ。
マッサージは・・・微妙。
1.5Hもお願いするんじゃなかったわ。
でも、一生懸命やってくれたんで、よしとしましょ。

マッサージを終えて、雨に濡れながらホテル方面へ。
細かいお金が欲しくて、本日も7・11でお買い物。今日は昨日の店員くんは
いなくて、まちがいもなかったわ。
その後、レートも変わり映えしないので、とりあえず50000円分を両替。
高いわぁ~、バーツ。それに、ずっと雨かしら・・・。ショック。

超まったり。夜への序章?

部屋でしばらくまったりしてたけど、雨も少し小振りになったようなので、街へ。
マイクショッピングセンター(北の方)あたりまでを1往復。
でも、買いたい物もないし、あったとしても、今回は次の旅行でも来ちゃうんだから、
慌てて買う必要なし。
お腹も減ったので、市場へ向かったの。
おいしそうな鶏のからあげがあったので、購入。
「カオニャオも20Bちょうだい」って言うと、おばちゃん、ビックリ顔。
しまった、またやってしまった・・・。
「うそ、うそ。10Bでいいよ」って言い直すと、ニコ。
20Bのカオニャオって、以前にもどこかで頼んだら、大量に差し出されて、
超ビックリしたんだっけ。
10Bでも結構な量だったわ。
で、帰りがてら、これまた大好きな「おでん」を見つけて購入し、
お部屋で早めの夕食。
おいしい!!安いし。
大満足の夕食だったの。
さ、そんなことをしていても、まだまだ夜までは時間がある。
仕方ないからテレビをつけると、いつだったかもタイで見た「ガーフィールド」。
退屈だったはずむにとっては丁度良く、ゲラゲラ笑いながら見て、
その後、今度は「I Robot」とかが始まったんで、それも夢中になって見てたら、
いい時間に。
はずむ、退屈な時には映画があればいいみたい。飛行機の中といい、今日といい。
って言うか、この両方の映画とも、「Star Movie」のチャンネルで見たんだけど、
このチャンネル、日本では見られないのかしら?
見られるなら、見られるように登録したいわ。ぜひに。
レンタルビデオなんかいらないもの。このチャンネルさえあれば。

2日目にして初めての夜

昨日は寝ちゃったし、今日が今回のパタヤの初めての夜みたいなもの。
張り切って街に出かけたはずむ。
まずは、はずむの長年のお知り合いママのいる「D」へ。
Jちゃんと久々の再会。(初日のJくんと区別して、こっちはJちゃんにするわ)
けど・・・。なんで?ボーイが全然いない。
まぁ、ここにはJちゃんとお話しに来たわけで、気が散らない分
いいかもしれないけど。
Jちゃんに
「最近はどうなのよ?パタヤ」って聞くと、
「新しいお店も出来たからねぇ。今は『F』が一番勢いがあるかもよ」って
教えてくれた。
わかったわ。じゃ、行ってくるから!!と宣言し、お店を出て、「F」へ。
うん。確かにお客さんの数もボーイの数も多いわ。
でも、はずむ的にはいまいち。
路上で呼び込みの子に声をかけられて
(実はあたし、この呼び込みの子がタイプだったりして、毎回気になってるんだけど)
ちょっと前は大好きだった「W」ってお店に行ってみたんだけど、
どうしちゃったの?ってくらい、活気がないし、なんか、乱れちゃった(好き勝手な?)
雰囲気。
ソッコー出たわ。
さて、どうしよう・・・って考えながら街を歩いていたら、
そう言えばどこかの掲示板に、マッチョ系の新しいお店が出来たって
書いてあったことを思い出して、そのお店へ。
マッチョが好きな訳じゃないんだけど、筋肉質で童顔な子は
割とタイプなはずむ。
でも・・・ボーイ5人。
しかも、お店は、はずむの日本のお部屋の方が広いんじゃない?って大きさ。
一人ファランに絡まれてた小柄な子がいいかも・・・って思ってたんだけど、
近くで見たら、いまいち。
そんなはずむなんだけど、
実は、今店の前に来たときに、店に引きずり込んでくれた子がいて、
その子が結構タイプだったりするの。
あの子はボーイ?それともウエイター???って考えてたら、
彼、戻ってきてステージに上がった。あら。ボーイなんだぁ。
すぐに呼んでお話。Nくん、ウドン出身。
でも・・・彼、残念ながら、今日はこの時間から、かなり酔っぱらってる。
英語も、ただでさえ苦手らしいし、その上酔っぱらっちゃってるもんだから、
何言ってるのかわからない。
だめね。今夜は。
今日はこの後友達のパーティーがあるんだけど、その時間までに帰っていい?
みたいなことを聞いてくるから、
本日のOFFは断念。

「えぇ~?帰っちゃうの?」
「だって、あんた、いい加減酔っぱらってるでしょ。」
「そんなでもないよぉ。」
「それに時間もそんなにないんでしょ?」
「大丈夫。パーティーは遅くなってからでも。」
「いや、やめとくわ。でも明日来るから。」
「ホント?100%ホント?」
「ホントよ。何時がいいの?」
「じゃ、10時に来てよ。」
ってな会話を交わし、明日のoffを予約。でも、オフ代先払いするわけでもなく、
だから、彼にとってはなんの補償もないのね。
「ホント?絶対ホント?100%ホント???」
この「100%ホント」って言葉、やけに記憶に残っちゃったあたし。
とにかく、明日10時に彼に会いに来る約束をして、はずむはお店を出たの。
明日は酔っぱらっていないでね。Nくん。
ってか、ボーイ君と直接話をしつつ、次の日の予約をしたのは、今回が初めて。
明日がたのしみよ。

さて、次のお店どこにしようかブラブラ歩いていると、どこからか「はずむぅ~」と
大声で呼ぶ声。
昨夜会いに来てくれた、ママさんJくん。
「はずむ、どこ行くの?」
「ん?バー巡り(^o^)」
「あぁ~ん?なんでウチに来ないのさぁ~?(口をとがらせて)」
「後で、後で(^o^)」
店先で会話を交わし、はずむはその向かいの「S」に入ったの。
・・・。
あんまりタイプの子がいない。
すぐに店を出ると、さっきの「D」のJちゃんに捕まって、
「ボーイ増えたから、見にらっしゃい」って引っ張っていかれたけど、
確かに人数は増えたけど、・・・って感じ。
よし。今夜はバー巡りで終わりにしよう!!と心に決め、
「後で」の約束どおり、Jくんのお店「L」へ。
ショーを見て、本当に今夜はお持ち帰りなしにホテルに戻った。
夜の街に出かけて、一人でホテルに帰るって言うのも、はずむにとってはかなり
めずらしい話。
けど、それでいい気がしたの。
昼間にマッサージにも行ってるしね(^^;)。
帰りがけ、屋台で大好きなロッティーを購入。
ここ、バンコクのロッティーと違って、バナナの入ってるヤツは毎回まずくて
食べられないんだけど、
今日買った、生地だけを棒のように巻いたヤツは、おいしかった。

昨日は寝過ごし、今日は独り寝のパタヤの夜。
スタートからいつもとは違う状況よ。
明日はどんな1日になるのかしら・・・。ってか、一人でいる分、
日記がしっかり書けていい感じ。
そうそう、今日ね、Jくんに聞いてびっくりしたことがあるの。
ひょっとして常識かもしれないけど。
今日ショーを見に彼のバーに最後行ったでしょ?
お会計の時に、会計の板挟みに細かいお金を残して、持ってきてくれた
ウエイターに渡そうとしたの。
そしたらJくん、「ダメ!!」って感じで、はずむの手から、
会計の板挟みを取り上げて、
中の細かいお金を、板挟みの上に置いたのね。
「ん?なんで?なんで?」って聞くと、
チップははさんで返すとお店へのチップ、上に出して渡すと持ってきてくれた
ウエイターへのチップになるんだそう。
今日この会計板挟みを持ってきてくれたのが、Jくんの仲良しだったから、
なおさらなのかも。
初めて知ったわ。みなさんはご存知でしたか?

7月26日(木) 3日目

パタヤ3日目

ビーチ、ビーチ

7:40に起床。シャワーを浴びて、テレビを見ながらまったりしてたら、
パタヤのケーブルテレビ?から、いきなり日本語の歌が。
聞いたことのない歌。つまり、日本ではあまり聞かない歌。
けど、あきらかに日本語の歌詞なの。

「ニッポン~」
ん?Japanでも、イープンでもなく、「ニッポン?」
「アイニイクヨ」
あら、何か恋愛の歌なのね。
「アナタダケヨ」
いやぁ~ん、情熱的だわ。でも、なぜに女言葉?

CMのBGMとして流れてるから、どんな子が歌っているのかわからないんだけど、
全編日本語の歌詞。しかも、当たり前っちゃ当たり前だけど、
イサーン系の曲ではなく、POPな感じ。
しかも、これ、何度か流れるから、そのうち歌詞もしっかり聴き取れるように
なったんだけど、おそらく男女間の恋愛ストーリーなんだと思うんだけど、
はずむ的には何度聞いても、全体的な雰囲気としては、
ボーイがカスタマーにあてて送ったe-mailの内容みたいに
聞こえるのよね・・・。
誰のなんて曲なのかしら?
CD買って帰りたいわ。
(この曲の話は、今後も旅行記の中でたくさん登場する予定です)

そんなことをしているうちに、8:30。
昨日は雨のせいで消化不良になっちゃったビーチを今日は満喫しなきゃ。
幸いホテルの窓から見える空は晴れ。
急いでソンテウ乗り場に向かい、ビーチに向かったの。
昨日の海の家に入りチェアに座ると、お兄ちゃんが注文を取りに来た。
「アイスコーヒーね」と、いつもの注文をすると、
「水と氷は?」ってお兄ちゃん。注文パターンを読まれてる・・・(^^;)
今日はけっこう日差しが強い。ちょっと焼けたかも。
お昼にはカオパット・ターレー。これまたいつもと変わり映えしない。
1回水に入り、お気に入りのマッサージ君目で探したり、あとはまったり、ゆったり。
本当にビーチは旅行記泣かせ。何も書くことがないんだけれど、
それでも、本当に充実した時間。
あとで数えたら、7時間いたことになる。
日本で7時間、どこか同じ場所にいなさいって言われたら、
きっと気が狂っちゃうわ、あたし。
ビーチの時間って、だから不思議。本当に不思議。

それでも夕方は来るわけで、午後4時にお会計。
帰り道、ビーチ沿いの道を歩いていると、今日ずっと探していた、
お気に入りのマッサージ君発見!!
「あれ?いつ来てたの?」
「昨日からだよぉ。会いたかったのに。」
「明日は?」
「来るよ。」
「じゃ、明日ね。」
マッサージの準備中の彼だったので、あまり長い時間は話せなかったんだけど、
会えてよかった。
明日は会えるかしら。
きっと探してくれるわね。
再び歩き出したはずむなんだけど、
尿意を催し(失敬)、レストランで5Bでトイレを借りることに。
で、用を足していると、
いきなりドアが開いた。カギをしてなかったはずむが悪いんだけど
(だって閉まりにくかったんだもん)、
ドアを開けちゃったのは、・・・う~ん、年の頃4~5歳の男の子。
慌ててドアをしめた彼なんだけど、閉まったドアの向こうで、
「シャァー」っていう音。
開けたドアの向こうに、最中のはずむがいたことが、
こちらの想像以上に恐ろしいことだったらしく、
ドアをしめた瞬間に失禁してしまったよう・・・。
こわがらせてごめんなさいね。ボク。

ちょっと日焼けしちゃって肌がヒリヒリしたので、薬局に寄ってアロエローションを
購入。
なにも考えずにレジに持っていったんだけど、220Bもしてびっくり。
で、部屋に戻って夕方までまったり。
今日は夜、昨日のNくんとの約束があるんだわさ。
しっかり休息とっておかないとね。

夜へ

まったりはしていたいけれど、でも、あまりに何もしないのも
もったいなくなっちゃう、生来が貧乏性のはずむ。
食事に出ることに。
今日は、なんとなくステーキが食べたかったの。こっちに来て、
あんまり食事をお腹一杯食べてない。
ロイヤルガーデンのシズラーにでも行って食べましょ!!って、
張り切って出かけたんだけど、
安くて700B。
ちょっと、ちょっと、700Bって行ったら、ただ今2450円。
日本のファミレスでももう少し安く食べられるわよ。
ビビッたはずむは、ホントにビビって、駆け出さんばかりの勢いで
ロイヤルガーデンを飛び出し、
結局は庶民感覚あふれる、お気に入りボート食堂へ。
ここにもステーキ、あるんだもん。
ステーキとアイスコーヒーで104B。
お味も代金に比例してそれなりだけど、とりあえずは肉が食えて満足よ。

ホテルに戻ると、レセプションには女一人しかいなくて、電話中。
そこにファランのお客が4人ほど並んで、キーを受けとるために待ってる状態。
ようやく電話が終わり(かろうじて私用電話ではなさそうなのが救い)
前に並んでいたファランに、順番に部屋番号を聞き、キーを渡してたんだけど、
はずむが部屋番号を言った瞬間、また新たに電話がかかってきて、出ちゃったの。
その女。
普通、こういう時って、目の前にいるお客さんの応対が先でしょ。何より。
むかついたんで、電話切り終わってからも
もう一回部屋番号なんて言ってやらず、シカトしてやったら、
番号を聞き返すバカ女。
ホント教育なってないわ。このホテル。

部屋に戻ると、部屋の電話が鳴った。
何?何?
「Hello?」って出てみると、電話の向こうから、
「ねぇ、ピッチャーある?」
って、日本人のおそらくおっさんの声。
「へ?」
いきなり日本語で電話がかかってきて、ただでさえびっくりなのに、
「ピッチャー」って何よ?
「ピッチャー、そっちにあるでしょ?ない?あれぇ~???おかしいなぁ・・・」
全然自分の間違いに気付かず、勝手に話し続けるおっさん。
「あの・・・間違えてると思いますよ。番号」
って言うと、
「あれ?そう・・・?」
ってガチャン。
びっくりした・・・。

時間になったので、ボーイズタウンへ。
まだNくんとの待ち合わせには時間があるので、とりあえずバー巡りの続きで、
「T」に入ってみる。
だけど・・・タイプが全然いない。
ってか、それ以前に、ボーイがいない。もっと言うと、お客もいない。
これって、次に来る8月は増えてるのかしら?
これまでこの時期にパタヤに来たことも何度かあるけど、
こんなに閑散とした雰囲気って初めて。
バーツ高、少なからず影響している気がするのは、あたしの気のせいかしら?
次に行こうと思って店を出たら、またしてもJくんに大声で
「はずむ!!」って声をかけられる。
「今日はこれからどこ行くの?」
「遊びに行くんだよ。GOGOナ。」
「ウチにも来てね」
・・・今日は返事、しなかった。だって、今日は行けないモン。
ちょっと約束の時間には早いけど、Nくんのお店に行ってみる。
もうすでに出勤していて、店にはいると
笑顔で手を振ってみせるNくん。
昨日は年齢聞くの忘れちゃったんだけど、22歳だって。
今日は酔っぱらってない模様。
昨日とりあえずは散々お話したし、ソッコーOFFして、部屋に戻ったの。
・・・う~ん、期待外れたかなぁ。
ノンケだそうだし、話している分には楽しいし、
慣れてないシャイな感じもいいんだけど、今一歩って感じ。
結構あっという間にお別れになったの。
求めるものが違うんだろうな・・・。
って、実際自分だって、自分自身がなにを求めてるのか、
よくわかっていないんだから、
どうしようもないけどね。

まだ早い時間。もう1回街へ出かけてもいいんだけど・・・やめておくことにした。
今のところ、パタヤではJ君を越える子には出逢えてない。
J君とこに行ってもいいんだけど、
彼、何よりディスコが好きな子だから、この時間から会いに行ったら、
絶対にディスコに連れてけってねだられる。
あたしったら、あんまり好きじゃないのよね・・・。ディスコ。
おとなしく寝ることにしましょう。
明日はどんな1日になるかしら。

7月27日(金) 4日目

パタヤ4日目

ビーチは最終日

朝8時に目覚ましをかけてたのに、7:30には目が覚めた。
そりゃそうよね。昨日は早かったんだから。
今日はビーチに行ける最終日。
ソッコー支度をして、ソンテウにのりビーチへ。
けど・・・今朝はあんまり天気がよくない。
ソンテウを降りる頃には、小雨がさらさら降り出した。
海の家に到着して、いつもどおりアイスコーヒーを注文。
お兄ちゃんがパラソルをもう1本もってきてくれて、雨を完全に防いでくれた。
ありがとね。

マッサージくん、登場。さっそくマッサージをしてもらった。
この子のマッサージ、毎回書いちゃうけど、はずむにベストマッチ。
すごく気持ちいい。
強くもなく、弱くもなく。
始まる時には馬鹿話とかしながらスタートするんだけど、しばらくすると、
彼はマッサージ施術に、はずむはマッサージを受けるのに集中。
無言の時間が流れる。
いやぁ~、ホントに気持ちいい。
満足、満足よ。
そう言えばね、今回、このマッサージくん、
3月にお友達のKくんが教えた、桂三枝の「いらっしゃい」を、
はずむが思い出させたわけでもないのに、連発してた。かなりお気に入りの様子。
はずむが来るまでの間に、絶対日本人客に、この言葉、言ってるはずだと思うわ。
あとは、どこだかで見たAV(彼はノンケよ)でいたくお気に召したようで、
「いたい、いたい」って言葉も連発。
大きなモノでもぶち込まれそうな女が、そう叫んでたんでしょうね。
どなたか、ジョムティエンで、「いらっしゃい」「いたい、いたい」って
言葉をマッサージボーイから聞いた覚えのある方いらしたら、
それがはずむのお気に入りのマッサージボーイです。

その後は、ちょっとかわいいドーナツ売りの男の子からバナナケーキ買って食べたり、
アクセサリー売りのお兄ちゃん冷やかしたり、
エビ買って食べたりと、
いつもどおりの時間を過ごしたはずむ。
海風がとっても気持ちいい。
でも・・・4日目にして、今回のパタヤ、
ちょっと長いかなぁ・・・って気持ちになってるのも事実。
はずむの旅のスタイル的にも、この5日間っていうパタヤ滞在期間は、
やっぱりちょっと長い。
8月の2回目の旅は、いろいろな場所に移動があるので、
逆に忙しいかもしれないけど、
はずむ的にはそっちの方が性に合ってるのかも知れないわ。
っていうか、そういう忙しい旅の中に、こういう、
なにをするでもないパタヤの時間があると、
今回よりもさらに、このマッタリ感が、体に、心にしみこんで行くのかも知れない。
今回のこの感じが悪いって言う訳じゃないんだけど。贅沢な感想かしら。

さ、とりあえずは1回目の旅のパタヤ、ジョムティエンビーチは、これでお別れ。
ソンテウで街まで戻り、明日の足を確保するために、町中のタクシーカウンターへ。
あの、町中のタクシーカウンターって、
必ず大きな字で800Bって書いてあるじゃない?
みなさん、いつもその金額で予約できていますか?
はずむ、必ず1000Bって言われるのよね。
ま、1000Bにしたって、空港からの料金と比べたら随分安いんだけど、
だったらパタヤ~空港 1000Bって看板に表示してもらった方が、
よっぽどすっきりするんだけど。

しばらく部屋でテレビとか見て過ごし、お腹が空いたのでロイヤルガーデンへ。
今日は日本を発ってから、まだ4日しか経ってないのに、なんだか無性に日本米が
食べたくて、4Fの「べにはな」へ。
ここでお刺身とかお寿司とか食べる気にはならないけど、
とんかつ定食120Bってのがあったので、これを注文。
この日本料理店って、一応高級店なのかしら?扱いとしては。
着物を着付けた女性が料理を持った女性を従えてテーブルまで来て、
二人がかりで仰々しく、料理が並べられるのよ。
なんか、緊張しちゃう。はずむはとなりのフードコートの一部みたいな
感覚で入ったのに。
となりのとなりの席では、バックパッカー風の男の子が一人で食事を終えた
ところらしく、会計でぴったり支払おうと、小銭入れをのぞき込んでコインを
探してた。
チップは置かないつもりなのね。
いいわよね。若いって。はずむがあんな姿で小銭探してたら、
やっぱりちょっとみっともないかも・・・って思っちゃった。
さて、料理は並んだ。ご飯もおみそ汁も、なんだかとっても嬉しい。
どうして漬け物がキムチなのか・・・そこだけが疑問で、惜しかったけど、
それ以外は、とりあえず合格点。日本のファミレス程度のトンカツは出てきたわ。
はずむ、お店の中っていうよりも、テラス・・・?みたいな、
外に隣接した席で食事をしてたのね。
そしたら、近くから携帯の呼び出し着うたが聞こえてきた。
若いタイ人の子の携帯みたいなんだけど・・・。
あれ?あれ?これってどっかで聞いた曲・・・って思ったら、
「ニッポン~」
「アイニイクヨ」
「アナタダケヨ」
って。あら、昨日から気になってるあの曲だわ。
今流行ってるのかなぁ・・・。CD買って帰りたい。

Last Night in Pattaya

8:30。イイ時間になったので、街へ。
どこに行こうかと悩んだんだけど、とりあえず最後の夜だし、
挨拶に行かなくちゃってことで、Jちゃんのいる「D」へ。
今回この店に来るのは3回目くらいになるけど、
ボーイはいつもあんまりいなかったんで、
今日も全然ボーイは気にせずに、Jちゃんと「またすぐに戻ってくるからさぁ・・・」
なんてお話に夢中だったんだけど、
ふと話がとぎれて視線をステージに向けたら・・・。
やだ。あの子、かわいい!!
あ、はずむの「かわいい」は、その日の体調や気分で変わります。(^^;)
今日の「かわいい」は、いわゆる、きかん坊っぽい、ガキっぽい、
男の子っぽい感じの「かわいさ」ね。
Jちゃんがめざとくはずむの気持ちを読みとり、「呼ぶ?」って聞くの。
とりあえず呼んでもらって、お話。
名前はPくん。20歳。
お話してみても、やっぱりかわいい。
Jちゃんのお墨付きもありなので、とりあえずは楽しい夜を過ごせるかも知れないわ
・・・って思って、
今夜最初のバーであるにもかかわらず、迷いなくOFF。
彼はディスコもカラオケもあまり好きではないらしく、
そのままホテルの部屋に戻ったの。
一緒にベッドに寝転がりながら(あ、ちなみに、まだ着衣よ(^o^))
長い時間のお話タイム。
彼、英語があまり得意じゃないので、はずむにはいいタイ語の勉強になるし、
とっても楽しい時間を過ごせたの。
そして・・・。
いやぁ~、このところの旅行って、
パタヤは最終日に素敵な出逢いがあることが多いんだけど、
今回も違(たが)わず。
また会いたいって思える子に出逢えたわ。
Pくん、素敵な夜をありがとう。
3時にお家に帰っていった彼。後半の旅でも会えるかしらね・・・。

7月28日(土) 5日目

バンコクへ

とりあえず、いったんさよなら。パタヤ

20日後にはまた戻ってくるんだけど、ひとまずは今日でさよならのパタヤ。
朝8時に起床。
ビーチ行っちゃおうかな・・・って気が起きなくもなかったんだけど、
それにはやっぱり時間が短すぎる。
とりあえず朝食をとりにBoat食堂へ。
牛肉のオイスターソース炒めぶっかけごはんとアイスコーヒーの朝食。
で、こっちにきて、全然メールチェックしてないのを思い出して、ネットカフェへ。
日本語NGだったわ。
今日はこのあとバンコクに向かい、1泊。
その後、明日は「プライベートな旅行」から「そうでない旅行」に切り替わるため、
まったり過ごして・・・なんて思ってたんだけど、
それにしてもチェックインまで長すぎた。
マジでビーチ行っちゃえば良かったかも。
荷物を整理して、テレビを見て、
ようやく11:45になって、フロントからも「タクシー来ました」って
電話が入ったんで、
ホテルをチェックアウト。

バンコクへ向かったのでした。

とりあえず、はずむのこの夏1回目の旅で、パタヤの部分だけど抜き出して旅行記に
してみました。
今回もビデオカメラ持って行ったんだけど、
パタヤでは全然なにも撮らなかった・・・。
そんな感じなので、文に起こしてみても、本当に単調で、まったりで、
とりたてて書くことないのよねぇ。
この前半の旅の旅行記に登場した人たちって、
後半の旅の旅行記でもたくさん出てきますので、
ぜひ、後半の旅行記も読んでみてくださいね。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。