はずむのトラベルランド
◇◇◇ゲイに関する記述がありますので、不快に思われる方の閲覧はご遠慮ください◇◇『旅』、特に東南アジアをこよなく愛す、なのに、なぜかまったくアジアとは関係のないある国のある町で、ただいま海外生活1年目・・・の「はずむ」のブログです。


「トラベルランド」総入国者数



現在の入国者数

現在の閲覧者数:



プロフィール

はずむ

Author:はずむ
旅行大好きなはずむのブログです。ずっと東南アジア、特にタイ・ラオス・カンボジアを好んで旅して来ましたが、なぜか今は、まったく違う、日本から遠く離れたある国のある町で生活中。日常の生活で見たもの、感じたことを、みなさんにお伝えしようと思います。よろしくね。



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅行の計画
ほんっとに・・・なかなか更新できなくて、ごめんなさい。ネタが・・・。
昔、2週間に1回発行される漫画雑誌があって、発売を首を長くして待ったものだけど、
ふと、そんな昔の自分を思い出してしまいました・・・。
カウンターは日々上がってるし、見に来てくださってるのに、申し訳ないです。
けど、たぶん、更新のペースはこの調子で続いていくと思うので、ご了承くださいm(_ _)m

さて、明後日で6月が終わり。いよいよ夏に入っていきますね。日本はもう暑いのかしら?
梅雨はまだ明けていないの?みなさん、季節の変わり目は体調に十分気をつけてくださいね。
はずむ、夏休みを10日ほどとれることになったので、ただいま旅行の計画中。
ってか、ホントだったらタイ・カンボジア・ラオスあたりに飛んで行きたいくらいなんだけど、
それは諸事情から難しい。
ってことで、今いる国の国内旅行に回るつもりなのね。
(あら?今そう書いて素朴に疑問。ある国のある町からの「はずむのトラベルランド」だから、
旅行記アップしようと思ったら、どうすればいいのかしら・・・。無理かしら。だって、すべて
ある国のある町じゃ、なんにも書けないじゃない?)
で、航空券やら、宿やらを、今悩みつつ少しずつ確定させているところなんだけれど・・・。
一言。高い!!
これまで夏休みや冬休みって言えば、タイ・ラオス・カンボジアあたりに旅に出かけてた
はずむ的には、ホテルは2000B超えると躊躇してたし、航空券だって、10万超えるチケット
なんか、ホントに数えるほどしか使ったことがないじゃない?
今回の旅行で使う航空券の合計額は、145,000円!!
ホテル代も、立地や安全面とかも考えて検討すると、2000Bではとてもとても泊まれない。
1泊14,000円くらいかかっちゃうの。
合計・・・さ・・・、30万!?はぁ~(-_-)
いつもの夏なら、さんざん飛び回って、その間の諸費用込みでこの金額でおつりくるわ。
ま、なんだかんだ言っても、緊張や慣れなさからのストレスもたまっていると思われるので、
ちょっとリフレッシュのためには大切な旅だと思うんだけど、
それにしても・・・ねぇ。
こうなったら、タイに行く以上にはじけてモトとらないとね。
きちんと計画するわ。

スポンサーサイト

マジで・・・
「週刊はずむ通信」になりそうな勢いの更新間隔。ほんと、ごめんなさい。
いや。。。実は、ちょっと「再開」を早まったかしら・・・って、反省モードのあたし。
日本で更新していたHP時代でさえ、日常のほとんどは「お仕事」だから、なかなか日記に書く
ネタが見つからずに、更新滞っていたはずむ。こちらに来てからのこのブログは、さらに、
「ある国」の「ある街」ってことで、書ける内容が狭まっちゃってるの。
本当はお伝えしたいこと、書きたいことたくさんなんだけど、そんな訳で、何書いていいかわから
なくて、困っちゃってます。
せっかく再開したんで、しばらくはこのペースで続けようと思うんだけど、何日かに1回は見に来
てくださってる方に申し訳なくて・・・。
ほんと、「週刊」だと思って読んでいただければ、ちょうどいいかもしれません。

さて、今日もはずむ、「お遊び」に出かけてきました。
今暮らしている街には、はずむの知る限りでは2軒のボーイ付きサウナがあるのね。先日は
そのうちの1軒に行ってきたんだけど、今日は2軒目のお店にトライ。
これからしばらくは生活をしていく街だから、そんなに慌てて2軒目にトライする必要もない気も
するんだけど、けど、1回行っておけば、いざというとき(どんないざ?)来やすいじゃない?
ってことで、今日は割と暇だったので、思い切ってタクシーででかけてきました。
ただ・・・
今回のサウナも、前回のサウナも、実はこの街に暮らす日本人の間では「危ない場所」って
噂される街の、さらに外れの寂しい一画にあるの。
そんなところに、今日は開店1時間も前に到着してしまったはずむ。
前回は気づかなかったんだけど・・・改めて見ると、結構怖い。
明るいうちに到着して、お店の場所を確認して・・・なんて考えていたら、こんなに早くに
到着しちゃったんだけど、公園のベンチに腰掛けてたばこ燻らせながら時間つぶしていると、
10人に8人の通行人が、はずむを「じぃ~」っと見ながら歩いて行くの。
そりゃそうでしょう。こんなところ、普通観光客なんかいないし、さらに、何するでもなく
ぼぉ~っと座っている外国人なんて、かなり不思議な存在。
ってか・・・一般の人でもあんなに注目しちゃうんだから、ひょっとしてあたし、ここでこうして
いるってことは「どうぞ、あたしを襲ってください」って、危ない?人たちに言ってるようなもの
かしら?
ちょっとまずいかも・・・って感じて、公園を後にして、サウナの前の路地で突っ立って待つこと
にしたの。目の前では車道でたこ揚げに興じる若者達。その姿は楽しげではあるし、見ていて
楽しかったんだけど・・・、通る車に迷惑かけつつ遊んでるこの青年達って・・・。
ってか、ここは無法地帯なのかしら?
さらに、わけわからない男がはずむのところにやってきて、なんだか話しかけてきた。
どうやらたばこが1本ほしいらしい。
たばこ1本けちったがために、有り金全部?いや、命?までとられたら堪らないので、
ここは素直に渡すことに。
なんだかひょっとして、あたしとんでもないところに佇んでる?
さすがに怖さもボルテージを上げ始めたので、「今日はあきらめて帰ろうかしら?」って思い
始めた頃、開店の時間になって、サウナの入り口が開いたの。
せっかく待ったんだから、とりあえず、帰り暗いのにどうしよう・・・って不安は棚に上げておき、
入店することにしたはずむ。

今回のサウナ、前回のサウナにくらべると、かなり規模が大きい。
1階にはフロントとロッカー、2階にはビデオルームと個室、3階は屋上になっていて、サウナ
とプールがあるってつくり。最初迷子になってたら、フロントにいた男の子がわざわざ一通り
館内を案内してくれたわ。あら、親切・・・。
とりあえず、はずむは3階のテラスのイスにこしかけ、先ほどまでの恐怖感から解放される
ために、リラックス。
しばらくそうしてただ座っていると、次から次に、ボーイ達が出勤してきた。
ひとりひとり、はずむを目にすると、挨拶にやってくる。って言っても、あたしは言葉が理解
できないから、名前を言うのが精一杯。けど、彼ら、そんなはずむの言語能力なんかおか
まいなしに、超フレンドリーに接してくれるの。サウナに入ってみれば、べったりくっついて
座り、話しかけてくるし、サウナを出れば、プールサイドに座っているボーイ達が、「こっち
においでよ」って声をかけてくれる。これでみんながみんなタイプだったらパラダイスなんだ
けど、世の中そんなにうまくいかず・・・。
そうこうしているうちに、かなりタイプの子発見。たまたま?その子がはずむの方にやって
きて、「となり座っていい?」って座ったので、アプローチ。
ってか、このサウナ、マッサージがあるって話だったんで、その子に、「マッサージでき
る?」って、幼児レベルの言葉で尋ねたら「うん」って返事だったので、お願いすることに
したの。

いやぁ・・・久々。大満足。タイの子達のマッサージには足元にも及ばないけど、十分
満喫。よかったわ・・・。

ここ、明朗会計で、最後にお会計をするんだけど、マッサージしてくれたボーイ君にチップを
渡すのも、その会計の時にフロントの前で定額を渡すの。これなら変なトラブルもないし、
とっても利用しやすい。定額を渡したあと、さらに少し追加のチップを渡すと、ボーイ君、
喜んでくれて、「明日も来る?」って。(これはしっかり聞き取れたわ)
・・・そうそう毎日は来ないわよ。
心配だった帰りの道も、フロントのオーナーさんがタクシーを呼んでくれたんで、問題なし。
ってか、このオーナーが感じいい。
前回のお店は、ちょっと・・・だったんで、今回のこのサウナはすべてにおいて大満足。
そうそう頻繁には来ないけど、たまには来てみてもいいかも・・・と思ったはずむです。
けれど・・・今回もネックは、やっぱり言葉。彼らがかけてくれた言葉が少しでも理解でき
て、言葉を返すことができたなら、あと何倍も楽しみがふくらむはずなのに・・・。
昔、タイで、英語しかできない状態の時代に、英語のできないボーイに当たった時の気分
を再びここで味わってます。
ほんと、早く覚えたい・・・。言葉。



Boys
なんだか、記事を書こうとこの画面を開いた瞬間、昔テレビで流れてたCM、
「週間●潮は今日発売されます」とかいう言葉、思い出しちゃった。このブログも、思いっきり
『週刊』状態になっちゃってますね。ごめんなさい。
こちらで生活していると、いろいろなところで「少年」「青年」と接する機会があるのね。
あ・・・誤解のないように、変な意味じゃなくてよ。まったく「ハッテン」のチャンスはありません。
たとえば・・・
酒場で一杯お友達とやってれば、靴磨きにやってくるお兄ちゃん。
路上で物売りをしているお兄ちゃん。
ゴルフに行けば、キャディーとしてコースに一緒に出る男の子。
ってか、打ちっ放しでさえも、ボールを1つ1つピンの上に載せてくれる男の子。
テニスをすれば、ボール拾いをしてくれる男の子。
何かを電話で注文すれば、配達してくれるお兄ちゃん。
なんだか、日本にいるとき以上に、「仕事人」としての少年、青年に出会う機会が多い気が
するの。
その姿が・・・なんていうのかしら、どの仕事も決して高い収入があるわけじゃないんだけど、
なんだか健気というか、美しいというか・・・。とってもいい感じ。
おまけに、そういう子たちに限って、人なつっこい。
彼らが見せてくれる笑顔で、ただそれだけで、とっても幸せな気分になっちゃうのよね。
こういう子たちと気軽にお話ができるようになるためにも、はやく言葉を覚えなきゃ。
まとまった時間がほしい・・・。言葉を勉強するための。

初おあそび
今日は日曜日。昨日少し遅くまで起きてたので、こっちにきてからは珍しく、ちょっと遅く、
午前9時頃に起床。外は小雨が降ってるけど、一日降り続く感じではない模様。
さて、どうしようかしら。
ちょっと考えつつ、とりあえずはネットにつないで・・・なんてやってるうちに、
「そうそう、そういえば、この町にも確かサウナがあるのよね。数軒・・・。」
って思い立ち、早速チェックしてみたの。
そう・・・。信じられないけど、どこにでもあるのね・・・。この町にもあるのよ。ゲイサウナ。
当然のことながら、日本語のサイトはなくて、英語のサイトもほとんどないんだけれど、
それでも、その数軒の住所と電話番号、それに、簡単な営業内容もわかった。
日本ではほとんどサウナって経験したことないんだけれど、
どうやら入館料を支払えば中の施設が利用できて(施設ってほどの施設はないのよ)
んでもって、館内には客に混じってBoyも数名いて、料金を払えばその子達とも遊べる
らしいの。
危ないって言われる界隈に位置するお店だから、ちょっと二の足、三の足・・・なんだ
けど、・・・思い切って行くしかないでしょ。(*^_^*)
夕方から開くらしいので、少し早めに家を出て、どの辺にあるのかを開店前に調査
しておかなくちゃ。
行ったことのあるレストランの近くみたいなので、まずはタクシーを拾って、そのレストラン
まで乗せてもらった。
んだけど・・・。あたしが方向音痴なのか、地図が悪いのか、
どこにあるのかさっぱりわからない。
地図に印をつけただけで出てきちゃったから、住所もわからなくて、超困ったわ・・・。
おまけに、ただでさえ「治安があまりよくないから気をつけなさい」って言われているって
いうのに、この一帯、観光客なんかまったくいないし、歩いてるはずむは、道行く人の
注目の的。。。怖い・・・。
結局1時間近く、どこだろう、どこだろう・・・って歩いてたんだけど、もう二進(にっち)も
三進(さっち)もいかなくて、そこにあった小さなホテルの受付の兄ちゃんに、地図見せて
聞いてみた。
・・・聞いたはいいけど、なんて言ってるのかわからない。
なんとなく、「こっちって言ってたわよね」って方向に進んで、おそらくこの辺だって言われた
あたりで、そこにいた人に、再び聞いてみるけど、今度はこの人、まったく違う方向を指さす・・・。
ん?どういうことよ・・・?ってか、まだ日が高いっていうのに、こんな町中で地図片手に、一
般市民にゲイサウナの場所聞いてるあたしって一体・・・。
もう、無理かも・・・ってあきらめて帰ろうかとも思ったんだけど、
・・・初心貫徹!!せっかく来たのに、あきらめてかえってなるものか!!って、最終手段、
タクシーに乗ることにしたの。(ってか、最初からそうしておけばよかったのかも)
でも・・・このタクシーの運ちゃん、知らないみたい。このサウナ・・・。
結局、そのタクシーの運ちゃんに、最初に道聞いたホテルの兄ちゃんに再び道を聞いて
もらって、なんとか到着。
振り返ってみれば、はずむ、なんどもこの店の前通ったんだけど、思いっきり住宅街の中の
普通の住宅的外観の1軒で、おまけに店の名前も出てないんだから、わかるわけないじゃな
い!!ってか、さっきこの店の前で「まったく違う方向を指さした」一般市民に、道聞いたの
よね。あの人、知らなかったのかしら?それとも、嫌がらせ?はめられたのかしら???
ま、いずれにしても、到着はできた模様なので、入ってみることに。
サウナとは名ばかりの、普通の1軒家のような・・・。けど、お客もBOYも数名いるわ。
さっそくお着替えをして徘徊・・・。けど、こういう施設自体、ほんとにほとんど経験ないので、
おもいっきりキョドってる。どうしていいか、わからない。
結局、ちょっとよさげなボーイ君が一人いたので、軽く戯れ、早々に退散。だって、ほんとに
なれないんだもの・・・。
チップはネットで仕入れた値段より高く請求された。だいたいタイの男の子マッサージと
同じくらいかしら。マッサージもないってことで考えると、こっちの方が高い。
でも、それは仕方ないわね。高いって言っても、安いんだから。
けど、腹が立ったのは、受付よ。
ここ、入館料とかは最後に払うのね。お会計の段になって、受付に行ったんだけど、
いくらかしら?って聞いたら、サイトに載ってたとおり、およそ600円の値段を、彼、こちらの
言葉で言ったの。多分。けど、はずむもまだまだ言葉は難しいので、本当にそう言ったのか、
自信がなかったのね。で、もう一度、「いくら?」って聞き返したら、彼、今度は英語で、
900円って言うのよ。
はずむの勘違いでなければ、こちらの言葉がわからないと判断した彼が、英語で言い返す
際に、300円分上乗せして言い換えたんだと思うのね。
やな感じ・・・。
結局、たかが300円だし、めんどくさいからいいわ・・・って思って、そのまま払って来た
んだけど、ここは、もうしばらくいいかな。よっぽどの時には来るかもしれないけどね。

ほかにも数軒あるらしい、ハッテンのお店。タイには足下にも及ばないけど、
また時間があるときには開拓していこうと思う、今日のはずむでした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。